測定に関する詳細情報

通信速度測定のしくみ【1】(ノーマルモード測定)

ノーマル測定は、測定用サーバとお客様のスマートフォンの間でファイルをやり取りして、通信量と時間から通信速度を測定する一般的な測定方法です。

通信速度測定のしくみ【1】(ノーマルモード測定)の画像

通信量と測定時間

ダウンロード・アップロード測定時にかかる通信量は、測定する場所の電波状況によって変化します。
測定終了の条件は以下の通りです。

  • ダウンロード時:測定開始から通信量が50MBに達する、または、7秒経過するタイミングで測定終了
  • アップロード時:測定開始から通信量が25MBに達する、または、7秒経過するタイミングで測定終了
通信量と測定時間の画像

通信速度の求め方

測定終了後に表示される通信速度の求め方は以下の通りです。

  • 測定中:250ms毎に通信量の変化から通信速度を算出する。
  • 測定終了後:250ms毎の通信速度結果を昇順に並び替え、下位50%と上位5%を削除し、50%−95%の範囲のデータを用いて平均値を算出して、通信速度の測定結果として表示する。
通信速度の求め方の画像

通信速度測定のしくみ【2】(ライトモード測定)

「ライトモード測定」は、通常の測定より少ない通信量で通信速度を測定する方式です。通信速度測定のしくみは「ノーマルモード測定」と同様です。

「ライトモード測定」で測定可能な通信速度

  • ダウンロード:約0〜60Mbps
  • アップロード:約0〜30Mbps

通信量と測定時間

ダウンロード・アップロード測定時にかかる通信量は、測定する場所の電波状況によって変化します。
測定終了の条件は以下の通りです。

ダウンロード時:測定開始から通信量が5MBに達する、または、7秒経過するタイミングで測定終了
アップロード時:測定開始から通信量が2.5MBに達する、または、7秒経過するタイミングで測定終了

通信量と測定時間の画像

通信速度測定のしくみ【3】(測定サーバ)

通信速度測定には社外クラウドを使用し、各通信キャリアの実力を平等に測定します。
接続先の測定サーバは、複数拠点で日本国内に設置されています。

通信速度測定のしくみ【3】(測定サーバ)

周辺の平均値のしくみ

周辺の平均値は、地図表示画面内のドコモのLTEの平均速度を表示します。

  • ドコモスピードテストのノーマルモードで測定された通信速度結果を日々集計する。
  • 当日を含まない直近30日間の平均通信速度を表示する。
周辺の平均値のしくみ
このページのトップへ