星稜中学校・高等学校様

導入事例:星稜中学校・高等学校様

利用場所が限定されない
「LTEタブレット」を使って
生徒の可能性を広げる

石川県金沢市にある星稜中学校・高等学校は、生徒のICTスキルを向上させるため「LTEタブレット」を導入。課題に対し、生徒自らが考え、インターネットで調べ、独自の解答として発表するアクティブラーニングを実施している。また、プレゼンテーション形式の授業においても「LTEタブレット」を活用し、生徒のスキルアップに役立てている。

業種 学校・教育
エリア 北陸
従業員数 51名~300名

動画で見る

導入内容

導入サービス・ソリューション

LTEタブレット

LTEタブレット

教育の場でおすすめの製品をご紹介。教育現場でのあんしん・安全なICT活用を、ドコモはトータルでサポート。

LTEタブレット

導入前・導入後の比較

導入効果
導入前の課題 導入後の成果
1 生徒たちは、将来、ICTスキルが必要になるので早い段階からICTを使いこなすノウハウを習得してほしいと考えていた。 1 タブレットを活用したアクティブラーニングやプレゼンテーションを授業に導入。生徒のICTスキルが向上した
2 Wi-Fi環境を整備している校内だけでなく、通学の電車のなかや自宅などでも利用できるタブレットを探していた。 2 宿題をタブレットで配信したり提出してもらったりしている。夏休みの宿題もできた生徒から随時送られてくるので教員の負担が軽減した
3 保護者に向けた学校からのお知らせをプリントして生徒に持たせていたが、保護者の手に渡らず、連絡事項が伝わらないことがあった。 3 学校からのお知らせを保護者に直接配信できるようになり、両者の距離が縮まった。生徒の学習状況を保護者も確認できるようになった

お客さまの声

導入のきっかけ生徒のICTスキルと学力を向上させたい

星稜中学校・高等学校校長 鍋谷 正二 氏 星稜中学校・高等学校教員 濱野 加代子 氏 星稜中学校・高等学校教員 小松 豊 氏

生徒たちは将来、ICTスキルが必ず必要になります。だからこそ、できるだけ早い段階でICTを使いこなすノウハウを習得してほしいと考えていました。

それに、タブレットを使うことで、新しい学習方法を取入れることができ、生徒の学力向上につながるのではないかと興味を持っていました。

LTEタブレットに決めた理由は、利用場所を限定しないということが大きなポイントでした。Wi-Fiモデルですと、限られた環境でしか活用できません。県外から通学している生徒もいますので、通学の電車のなかでも使えるようLTEタブレットを選びました。

また、学校の運用に合わせて、フィルタリングを設定できることもLTEタブレットを選んだ理由です。有害なサイトから生徒を守るために中学生向けの厳しい設定にしています。

導入効果新たな学習方法が生徒たちの未来を拓く教員と生徒と保護者をつなぐ

新たな学習方法が生徒たちの未来を拓く教員と生徒と保護者をつなぐ

アクティブラーニングやプレゼンテーションを行うときなどに、LTEタブレットを利用しています。生徒は授業を聞くだけでなく説明もしなくてはいけないため、自発的に学習するようになり、学力の向上につながっています。実は当初、現場の教員はタブレットの導入に反対していました。手間が増えるだけだと思っていたからです。しかし、使用してみたら大きな効果があることがわかり、今では積極的に活用しています。

保護者のみなさまもご自身の端末からアプリに登録すれば、わが子の授業の様子や宿題提出状況を確認することができますし、学級日誌や学校行事の動画を受信することもできます。「開かれた学校」というイメージが保護者に浸透し、教員への信頼も高まっています。

現在は、数学や英語など主要5教科を中心にLTEタブレットを活用していますが、将来はすべての授業で活用する方法を考えていきたいと思っています。


お客さまプロフィール

別ウインドウが開きます学校法人稲置学園 星稜中学校・高等学校様

1973年に創設。「誠実にして社会に役立つ人間の育成」という建学の精神のもと、徳育・知育・体育の調和のとれた教育活動を行う進学校。2017年度からは石川県内初の私立の中高一貫教育校となり、先取り教育や特色のある教育を導入している。

導入システム

導入システム導入システム

営業担当者からのメッセージ

株式会社NTTドコモ北陸支社 法人営業部(2018.3.31時点) 小野 司

株式会社NTTドコモ北陸支社 法人営業部(2018.3.31時点) 小野 司

「教育を変えることは人を変えること、人を変えることは社会を変えること」という想いで、自分たちに何ができるか毎日本気で考えてきました。だからこそ、星稜中学校様の授業風景が少しずつ変化していくことはとてもうれしかったです。生徒さまを一番に考える星稜中学校様と、これからも新しいタブレットの活用モデルを模索していきたいと考えています。

お問い合わせ

  • 導入事例内に表記している金額は、取材当時のものです。
  • 画面はイメージです。
このページのトップへ