新しい働き方を考える 働き方改革セミナー対策編

本イベントは、終了いたしました。

新しい働き方を考える 働き方改革セミナー対策編新しい働き方を考える 働き方改革セミナー対策編

会社中心の働き方から、人中心の働き方へ──。

人と組織のパフォーマンスを最大限に引き出すために、働く人が働き方を自由に選べる新しい労働環境が必要とされています。本セミナーでは、働き方を多様化させた4つの企業の取り組みを題材に、人中心の働き方を実現するための方策を探っていきます。

●働き方に多様性を持たせたい

●個々の従業員に最も働きやすい環境を提供したい

そう考える方々に向けて、すぐに役立つ改革のヒントを提供します。

セミナー概要

名称 新しい働き方を考える 働き方改革セミナー対策編 ~人の能力を最大化する新たな働き方探究~
開催日時 2019年3月13日(水)午後3時~午後5時 (午後2時30分 受付開始)
会場

別ウインドウが開きますTKPガーデンシティ熊本

住所 熊本県熊本市中央区下通1-7-18 ホテルサンルート熊本
主催 株式会社NTTドコモ
来場者数 最大50名(先着順)
入場料/条件など 無料
※ お名刺を頂戴いたします。
※ 同業他社、講師と同業、コンサルタントの方はご遠慮ください。

当セミナーでは参加者全員がタブレット端末(※)を使いながら受講になれます。

  • タブレット端末は主催側で準備いたします。

プログラム

セミナー内容

1.働き方改革とは
働き方改革の本質を考える。取り組んでいる企業の目的は、近年、費用削減から多様な人材の獲得に移行しており、ダイバーシティの考え方をご紹介して、企業の活力向上には“人を中心とした働き方”が必要であることを説明する。

2.確認する
働き方改革に取組む企業の現状や課題を確認し、あわせて有識者が描いた「働き方の未来2035」を参考に、社会が求める働き方の未来を考える。

3.知る
人を中心にした新しい働き方の動きと、それを実現する仕組(ICT技術等)を紹介する。自社の働き方の現状をチェックし、自社が内包する課題を認識する。

4.探る
4つの切り口(ビジネススピード、コミュニケーション、モバイルワーク、就業場所)から働き方改革の取組事例を紹介し、自社課題解決のヒントを探る。

5.まとめ
新しい働き方を検討するポイントについて説明し、改革は会社の風土やルールを変えてでも取組む覚悟が必要であることをお伝えする。

  • 変更や前後する可能性がございます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。

タイムスケジュール

時間 内容
午後2時30分 入場/受付 開始
午後3時 セミナー開始
午後4時30分 質疑応答
午後5時 セミナー終了

講演者プロフィール

㈱B.S.JAPAN経営コンサルタント、中小企業診断士 兼子 俊江(かねこ・としえ)氏

㈱B.S.JAPAN経営コンサルタント、中小企業診断士
兼子 俊江(かねこ・としえ)氏

2004年経営コンサルタントとして独立。
中小企業の経営革新支援、新事業創出支援、企業再生支援等の実績多数。情報処理技術者としてICT利活用のアドバイスも行う。情報通信サービスにかかる調査分析、マーケティング支援実績も多い。
各種審査会の審査委員等公職を歴任。
得意分野は、経営戦略策定、モノづくりから出口戦略までの一貫した支援、マーケティング、女性起業家支援。

・東京都商工会連合会・商工会議所エキスパートバンク登録専門家
・(公財)やまなし産業支援機構 中小企業経営革新サポート事業 プロジェクトマネージャー
・東京都中央区経営相談員
・(一社)東京都中小企業診断士協会中央支部副支部長

お問い合わせ

このページのトップへ