管理職者の必須教養“メンタルヘルスケア”入門

本イベントは、終了いたしました。

管理職者の必須教養“メンタルヘルスケア”入門管理職者の必須教養“メンタルヘルスケア”入門

大企業の97・5%に1カ月以上休職中の「病み社員」が存在する──。
企業・組織のリーダーは、こうした現実と、どう向き合えばいいのでしょうか。
本セミナーでは、心の病を発症させた社員・部下への正しい対応・対処の方法を解説します。
メンタルヘルスケアは、今や組織のリーダーの必須教養です。それを学ぶことは、自身の心の健康管理を理解するうえでも役立ちます。

セミナー概要

名称 管理職者の必須教養“メンタルヘルスケア”入門 ~ 産業医が指南する「心の健康管理」 ~
開催日時 2019年3月20日(水)午後3時~午後5時 (午後2時30分受付開始)
会場

別ウインドウが開きますTKP池袋カンファレンスセンター

住所 東京都豊島区南池袋2-22-1 第3高村ビル
主催 株式会社NTTドコモ
来場者数 最大50名(先着順)
入場料/条件など 無料
※ お名刺を頂戴いたします。
※ 同業他社、講師と同業、コンサルタントの方はご遠慮ください。

当セミナーでは参加者全員がタブレット端末(※)を使いながら受講になれます。

  • タブレット端末は主催側で準備いたします。

プログラム

セミナー内容

1.現代の職場の「病み社員」事情
うちの部下は病んでるのか、いないのか、職場に関係する「うつ」・しない「うつ」、「病み社員」対策をとる企業、など

2.社員の病み方のタイプ
タイプ別に紹介、従来型うつ病タイプ、新型うつ病タイプ、など

3.社員が病んでしまった時
発覚したとき、療養中のこと、復職してきたときのこと

4.社員を病ませないためのヒント
自分の基準・推測で部下が動くと考えない、「飲みニュケーション」の使い方は慎重に、部下の休日に干渉しない、など

5.まとめ

  • 内容に変更が生じる場合がございます。あらかじめご了承ください。

タイムスケジュール

時間 内容
午後2時30分 入場/受付 開始
午後3時 セミナー開始
午後4時30分 質疑応答
午後5時 セミナー終了

講演者プロフィール

西多 昌規(にしだ・まさき)氏

精神科医・早稲田大学准教授
西多 昌規(にしだ・まさき)氏

1970年石川県生まれ、東京医科歯科大学卒業。
自治医科大学講師、ハーバード大学、スタンフォード大学の客員研究員などを経て、早稲田大学スポーツ科学学術院准教授。
精神科専門医、睡眠医療認定医。
専門は睡眠、身体運動とメンタルヘルス。
著書に「脳を休める」(ファーストプレス)、「『昨日の疲れ』が抜けなくなったら読む本」(大和書房)、「『テンパらない』技術」(PHP文庫)、「悪夢障害」(幻冬舎新書)など多数。

お問い合わせ

このページのトップへ