その他のお知らせ

旧スプリアス規格対応PASSAGE端末のご使用について

平素より、弊社商品・サービスをご利用いただき、誠にありがとうございます。

2005年12月に電波法関連法令である無線設備規則において、無線設備のスプリアス発射(必要周波数帯の外側に発射される不要な電波)の強度に関する許容値の改正が行われました。
改正前のスプリアス規格(旧スプリアス規格)で認証を受けた製品は、2022年12月1日以降は、法律上利用不可となります。

旧スプリアス規格で認証を受けた製品を2022年12月1日以降に利用した場合、電波法違反となり、罰則・罰金(1年以下の懲役または100万円以下の罰金)の対象となりますので、ご利用頂かないようお願いいたします。

1.対象機器

2003年から2009年にドコモから販売したシャープ社製PASSAGE、TC-631SEの一部が対象となります。TC-631SEの中で、認証番号が「001JZAB1025」であるものが、2022年12月1日以降に利用不可となります。認証番号は、電池蓋/電池を取り外して頂いた部分にあるラベルにて、「R」の後に記載がされております。

2.スプリアス規格について

通信に必要な周波数以外で発射される電波をスプリアスといいます。他の電子装置の動作に影響を与えないように、スプリアスの電波強度の許容値がスプリアス規格として定義されています。規格の詳細は以下の総務省ホームページを参照下さい。

■総務省『無線設備のスプリアス発射の強度の許容値に係る技術基準の改定について』
URL:http://www.tele.soumu.go.jp/j/sys/others/spurious/ 別ウインドウが開きます

■総務省パンフレットPDF(6.83MB)
URL:http://www.tele.soumu.go.jp/resource/j/others/spurious/files/newpfrt.pdf 別ウインドウが開きます

このページのトップへ