FOMA UM03-KO

FOMA UM03-KOについて

各部の名称

FOMA UM03-KO

「FOMA UM03-KO」の特長

緊急速報「エリアメール」対応

エリアメール

FOMA UM03-KOは緊急速報「エリアメール」に対応しています。緊急地震速報、津波警報、気象などに関する特別警報、災害・避難情報の4つの情報配信に対応しています。

エリアメールの詳細

  • FOMA UM03-KOを組込んだ外部装置にてエリアメールを利用される場合、あらかじめ、外部装置のエリアメール動作確認が必要となります。

FOMAハイスピードエリア対応

HIGH SPEED

受信時最大7.2Mbps、送信時最大5.7Mbps のFOMAハイスピードエリアに対応しています(ベストエフォート型)。

FOMAハイスピードの詳細

位置測位機能

FOMA UM03-KOとFOMA UM03-KO GPSボード(別売)またはFOMA UM03-KO専用アダプタセットGを利用することで、ネットワークアシスト測位方式と単独測位方式の両方式により現在地を確認することができます。

緊急通報位置通知に対応

緊急通報位置通知とは、緊急通報受理機関(110/118/119)に通話した場合、緊急通報受理機関から位置提供の要求を受けて測位を実行し、測位結果を緊急通報受理機関に提供します。

M2Mアプリケーション機能

お客さまが製作したアプリケーションを保存、実行可能な環境(M2Mアプリケーション機能)の提供により、センサデバイスなどとの連動が可能です。
CPUやメモリを外部に搭載せずにシステムを構築すれば全体のコストを削減できます。

  • 詳細につきましては、「ドコモの営業担当者」もしくは、下記よりお問い合わせください。

「FOMA UM03-KO」のサービス・機能とスペック

「FOMA UM01-HW」のサービス・機能とスペックの表
パケット着信機能
音声通話
SMS
国際ローミング -
FOMAハイスピード
FOMAプラスエリア
音声/パケット通信分離制御
ソフトウェア更新機能
遠隔監視機能
自動活性化開通方式
緊急速報「エリアメール」
位置測位機能 ○※
ネットワークアシスト位置測位機能
M2Mアプリケーション機能
  • FOMA UM03-KO GPSボード(別売)が必要です。ビジネスmoperaGPSロケーション非対応です。

「FOMA UM03-KO」の仕様概要

「FOMA UM03-KO」の仕様概要の表
対応サービス パケット通信、音声通話、SMS
通信プロトコル PPP、IP
制御方法 ATコマンド、API(※1)
メインコネクタ 基板対基板コネクタ(80PIN)
通信インターフェース USB×1、UARTシリアル×1
UARTシリアル
インターフェース
通信速度 1200/2400/4800/9600/19200/38400/
57600/115200/230400/460800
通信フォーマット Start:1bit、Stop:1bit、Data:8bit、Parity:none(固定)
送受信制御 ハードウェアフロー制御
信号 SD、RD、XER、XDR、XRS、XCS、XCD、XCI
USB
インターフェース
通信規格 USB2.0
通信速度 HS:480Mbps、FS:12Mbps
機能 デバイス機能
RF
インターフェース
コネクタ U.FL
無線周波数 2GHz/800MHz帯(FOMAプラスエリア対応)
アクセス方式 W-CDMA(DS-CDMA、T-HCDMA)
データ通信速度 FOMAハイスピードエリア内
  • 上り:最大5.7Mbps
  • 下り:最大7.2Mbps
FOMAハイスピードエリア外
  • 上り:最大384kbps
  • 下り:最大384kbps
アナログ音声インターフェース マイク入力×1、イヤホン出力×1
モニタインターフェース アンテナ表示、通信状態表示、パケット通信状態表示、起動状態表示、ソフトウェア更新状態表示、SMS受信通知、エリアメール受信通知、位置測位表示
ドコモUIMカードインターフェース 対応
その他の搭載インターフェース I2C×1、SPI×1、デジタル入力×3、デジタル出力×3、アナログ入力×1(※2)
動作環境 温度:-20℃~+60℃
湿度:25%~85%(結露なきこと)
保存環境 温度:-30℃~+85℃
湿度:25%~85%(結露なきこと)
電源電圧 DC+3.3V~+4.2V(推奨3.7V)
電源リップル 50mVp-p以下(0Hz~2.5GHz)
消費電流 待受時 平均1.8mA以下(圏内静止、周辺セルサーチ無時)
通信時、ソフトウェア更新時 USB接続時:700mA以下(最大送信出力時)
UARTシリアル接続時:650mA以下(最大送信出力時)
突入電流 2A以下(100μsec以内)
サイズ 約36.5(W)×約49.1(D)×約3.6(H)mm
質量 約11g
静電耐力 ±1kV(全端子)
振動条件 装置単体において、加速度19.6m/s2(2G)、振動周波数30Hz~100Hz の振動(1掃引時間20分)を上下/左右/前後に加えた後に各部の損傷、部品などの脱落がなく、機能/性能に問題ないこと
環境対策 RoHS指令対応
技術基準適合証明など
(登録証明機関による工事設計認証)
工事設計認証番号:001-A00248
端末機器の技術基準適合認定 認証番号:AD12-0227001
  1. Java言語で記述するユーザーアプリ実行環境にて制御となります。
  2. M2Mアプリケーション機能で利用するインターフェースです。

【注意】
本製品の仕様は予告なく変更することがありますのでご了承ください。本表は製品仕様を一部抜粋しています。仕様の詳細は各製品の取扱説明書をご参照ください。

FOMA UM03-KO GPSボード

各部の名称

FOMA UM03-KO GPSボード

「FOMA UM03-KO GPSボード」の特長

FOMA UM03-KO GPSボードは、FOMA UM03-KOと組み合わせることにより位置測位機能に対応することができます(※)。
ネットワークアシスト測位方式と単独測位方式の両方式により現在地を確認することができます。

  • GPSボード単独での使用はできません。

「FOMA UM03-KO GPSボード」の仕様概要

「FOMA UM03-KO GPSボード」の仕様概要の表
メインコネクタ 基板対基板コネクタ(20PIN)
通信インターフェース 独自
GPS
インターフェース
コネクタ U.FL
対応信号 GPS
周波数 1575.42MHz(L1)
アンテナ電源供給 +3.0V、最大40mA
動作環境 温度:-20~+60℃
湿度:25~85%(結露なきこと)
保存環境 温度:-30~+85℃
湿度:25~85%(結露なきこと)
電源電圧 FOMA UM03-KOと同一の電源
(DC+3.3V~+4.2V)
電源リップル FOMA UM03-KOと同一の電源
〈50mVp-p以下[0Hz~2.5GHz]〉
消費電流 測位停止時 0.2mA以下
測位実行時最大 130mA以下(アンテナへの供給電源を含む)
サイズ 約20(W)×約25(D)×約3.4(H)mm
質量 約3g
静電耐力 ±1kV以上(全端子)
振動条件 装置単体において、加速度19.6m/s2(2G)、振動周波数30Hz~100Hz の振動(1掃引時間20分)を上下/左右/前後に加えた後に各部の損傷、部品などの脱落がなく、機能/性能に問題ないこと
環境対策 RoHS指令対応

【注意】
本製品の仕様は予告なく変更することがありますのでご了承ください。本表は製品仕様を一部抜粋しています。仕様の詳細は各製品の取扱説明書をご参照ください。

FOMA UM03-KO接続治具

各部の名称

FOMA UM03-KO接続治具

「FOMA UM03-KO接続治具」の特長

FOMA UM03-KO接続治具はFOMA UM03-KOやFOMA UM03-KO GPSボードの動作を確認する際に用いるツールです。FOMA UM03-KOメインコネクタ(80PIN基板対基板コネクタ)を汎用インターフェースのRS-232C(D-sub9 ピン)・USB コネクタ(mini-B)に変換することができるため、パソコンなどとの接続が容易です。

「FOMA UM03-KO接続治具」の構成品

  • FOMA UM03-KO接続治具(本体)
  • ACアダプタ
  • RF ケーブル(L)(FOMA UM03-KO用 約8cm 2本)
  • RF ケーブル(S)(GPSボード用 約4cm 2本)
  • ループ用USB ケーブル(約50cm)
  • 取付ねじ(5個)
  • 保証書

FOMA UM03-KO評価キット

各部の名称(FOMA UM03-KO評価キット1)

評価キット1

各部の名称(FOMA UM03-KO評価キット2)

評価キット2

「FOMA UM03-KO評価キット」の特長

FOMA UM03-KOと外部装置間の各信号状態の確認や外部インターフェースの動作を確認する際に用いるツールです。

「FOMA UM03-KO評価キット」の構成品

  • FOMA UM03-KO評価キット1(BtoB 変換フレキケーブル/基板)
  • FOMA UM03-KO評価キット2(デバイスボード)
  • 取付ねじ(2個)
  • 保証書

各種ドキュメント

お問い合わせ

  • 商品写真および画面はイメージです。実物と若干異なる場合があります。
このページのトップへ