Fairyview®Fairyview®

2020年4月以降から受付開始いたします。

Fairyview®とは

監視作業等において複数のカメラ映像を個別に確認することなく、合成された一つの映像で全体を俯瞰できるソリューション。

  • 監視者の視認性を向上させるため、複数のカメラ映像を俯瞰変換して合成することで広域エリアを一目で監視可能。
  • 合成映像にセンシングデータ(混雑度検知等)を重畳することであんしん・安全やサービス向上を実現可能。
Fairyview®とはFairyview®とは

Fairyview®で解決できること

用途

Fairyview®で解決できることFairyview®で解決できること
  • 店舗内外の広域エリアの人・モノを一目で確認したい流通業のお客さま。
  • 構内全体や柱などで死角となる広域エリアを確認したい大規模施設のお客さま。

監視エリア例

監視エリア例監視エリア例

ご活用イメージ

ご活用イメージご活用イメージ

俯瞰合成映像

  • リアルタイム映像合成処理フルHD(1920x1080)の合成映像を50ミリ秒以下で作成可能。
    ※カメラ映像間のシームレスな映像合成。各カメラの映像の重畳領域にαブレンド処理を行うことで継ぎ目のない合成映像を作成可能。

特長

  • 俯瞰映像により広域エリアの状況を一目で把握し、監視業務を効率化の実現します。
  • 5GによりフルHD映像のリアルタイム伝送が実現します。
  • カメラの完全無線化を実現し設置自由度が高くなります。
  • AIや画像処理技術により異常検知や監視業務の高度化が図れます。

why5G(5Gならではのポイント)

  • 複数台のカメラから高精細な映像データを圧縮せずにリアルタイムで送信することが可能となるため、カメラの無線化を実現。
  • 5Gで無線化することにより、設置の自由度が高まるとともに、固定通信回線が不要になるなど導入コストの低減が期待される。

お問い合わせ

  • 「Fairyview®」は三菱電機株式会社の商標です。
  • 画面はイメージです。
このページのトップへ