gacco Training

お知らせ

  • ただ今、新しいお知らせはございません。

お知らせ一覧

「gacco Training」とは

「gacco Training(ガッコ トレーニング)」は、企業の人事・育成担当者さま向けに、社員のビジネススキル向上のためのオンライン研修を、安価に、スピーディーに提供するサービスです。
ビジネス系・IT・資格/語学系などさまざまなジャンルの講座から選択可能で、新入社員からベテラン社員まで幅広く対応した人材育成を実現します。
講座は場所や時間を選ばず全国どこからでも受講できるため、集合型の研修と比べて稼働やコストを大幅に削減することができます。

「gacco Training」とは

POINTサービスのポイント

  • 充実の機能を提供!
充実の機能を提供!

講義動画、確認テスト/レポート、ディスカッションを組み合わせた、本格的でインタラクティブな講座を提供します。
わからないことは、掲示板を使って受講生同士で教え合うことができ、一定水準の成績を修めると修了証が発行されるなど、モチベーションが持続します。

  • ドコモ以外のタブレット・スマートフォンでも利用可能!
    受講者は、パソコンだけでなく、タブレットやスマートフォンからもコンテンツを利用できるので、いつでも・どこでも学ぶことが可能です。また、キャリアフリーで使えるサービスなので、ドコモ以外のキャリアをご利用の企業さまも導入になれます。
  • 豊富な講座ラインナップ!
    ビジネスや資格取得に役立つさまざまなジャンルの講座があります。
講座一覧(2019年3月現在)

下記は講座ラインナップの一例となります。

カテゴリA:

  • gacco MBA 独習よくわかるマクロ経済

カテゴリB:

  • gacco MBA独習 実践ビジネスモデル

カテゴリC:

  • 経営(マネジメント)入門

カテゴリD:

  • 情報セキュリティ「超」入門

カテゴリE:

  • 統計学Ⅰデータ分析の基礎

カテゴリF:

  • 新人・若手向け(マナー)

ご利用料金

初期費用

1講座につき100,000円

受講料

リキッドの表サンプル
  1講座あたりの受講料(※)
カテゴリA 60,000円/ID
カテゴリB 30,000円/ID
カテゴリC 10,000円/ID
カテゴリD 7,000円/ID
カテゴリE 3,500円/ID
カテゴリF 2,000円/ID

< 注意事項 >

  • 講座はお申し込み時より3ヶ月間視聴できます。
  • 講座はお申し込み時より3ヶ月間視聴できます。
  • カテゴリAおよびB:最低利用人数:1名
  • カテゴリC~F:最低利用人数:25名
  • カテゴリF:一部アニメーション動画による講義を含みます。字幕はありません。

オプション費用

集合研修の費用については別途お問い合わせください。

対応機種

パソコン

  • 最新のOSでのご利用を推奨します(Windows XPでは快適にご利用になれません)。
  • ブラウザは最新のGoogle ChromeTM、もしくはFirefoxのご利用を推奨します。
  • Internet Explorer 9 およびそれ以前の旧ブラウザはgaccoのシステムに非対応となっており、正常にご利用になれません。

iOS端末

  • 最新のiOSでのご利用を推奨します。
  • ブラウザは最新のGoogle Chrome、もしくはFirefoxのご利用を推奨します。

Android端末

  • 最新のOS (Android 4.0以降)でのご利用を推奨します。
  • ブラウザは最新のGoogle Chrome、もしくはFirefoxのご利用を推奨します。
  • Androidは機種により仕様が異なるため、端末固有の表示異常などが発生する場合があります。問題が解消されない場合は、他の端末やパソコンをご利用ください。

導入実績

昭和電工株式会社様

昭和電工株式会社様では、例年選択型ビジネススキル研修を実施。研修の質を低下させることなく、各拠点の社員により多くの研修機会を提供することを目的に「gacco Training」によるオンライン研修を導入。

講座内容

  1. 経営マネジメント入門
  2. イノベーション入門
  3. ロジカルシンキング
  4. 会計ファイナンス
  5. 会計アカウンティング

対象社員数

約500名

PDFご利用ユーザーの声(PDF形式:476KB)

提供元

別ウインドウが開きますgacco(提供元:株式会社ドコモgacco)

お問い合わせ

  • 表示金額はすべて税抜です。
  • iOSは、Ciscoの米国およびその他の国における商標または登録商標であり、ライセンスに基づき使用されています。
このページのトップへ