ご利用規約

iモードパケット・フリーサービス(グループキャストサービス用)利用規約

第1条(目的)

  1. 株式会社NTTドコモ(以下「ドコモ」といいます)が提供する「iモードパケット・フリーサービス(グループキャストサービス用)」(以下本サービスといいます)は本規約に従って提供されます。
  2. 本サービスの利用者(本規約に基づきドコモとの間で本サービスの提供を受ける契約を締結した者をいい以下「利用者」といいます)は本サービスの利用にあたり、本規約を遵守するものとし、本規約はドコモと利用者との間の本サービスに関わる一切の関係に適用されます。
  3. ドコモは本規約の変更を行う場合、30日の予告期間をおいて、変更後の本規約の内容をドコモが適当と判断する方法で利用者に通知または周知するものとし、予告期間経過後はドコモが別に定める場合を除き変更後の本規約が適用されるものとします。
  4. 本規約に定めのないグループキャストの利用に係る事項については「グループキャストサービス利用規約」に従うものとします。

第2条(本サービスの内容)

  1. 本サービスは「グループキャストサービス利用規約」に基づき、ドコモが提供するグループキャストサービスを利用したiモード電子メール(パケット通信サービス契約約款又はFOMAサービス契約約款(以下「約款」といいます)に基づきドコモがパケット通信サービス又はFOMAサービスの付加機能として提供するiモードサービスに係るものをいいます)の送信、返信に係るパケット通信料(以下「パケット通信料」といいます)を利用者に請求するサービスです。

第3条(利用申込)

  1. 本サービスの利用申込をするときは本規約及び「グループキャストサービス利用規約」の内容を承諾した上で、必要事項を記載した所定のサービス利用申込書を、所定の窓口に提出するものとします。

第4条(申込の承諾)

  1. ドコモは、前条に基づく本サービスの利用申込があったときは、必要な審査・手続きを経た上で承諾するものとします。
  2. ドコモは、前項の規定に関わらず、以下の各号に定める事由のいずれかに該当する場合は利用申込みを承諾しないことがあります。
    1. 「グループキャストサービス利用規約」第23条第6号、第8号に定める事由のいずれかに該当するまたは該当する恐れがある場合
    2. 本規約第7条により預託金を預け入れない場合
  3. ドコモは第1項に基づき利用の申込を承諾するときは、所定の申込受付通知兼利用開始通知書により通知することとします。

第5条(利用者に請求する通信)

  1. 本サービスにてパケット通信料が利用者に請求される通信は以下の通りです。
    1. 「グループキャスト利用規約」第2条第1項第2号①に定める一斉同報メールの受信グループ登録者における受信に係る通信。
    2. 「グループキャストサービス利用規約」第2条第1項第2号②に定める返信機能を利用した①の受信メールに対する受信グループ登録者による返信に係る通信。

第6条(パケット通信料)

  1. 前条の通信に係るパケット通信料は約款の定めによることとします。
  2. 利用者はパケット通信料の支払い義務を、前条の通信に係るパケット通信サービスまたはFOMAサービスを提供したドコモ又はドコモ各社に対して負担するものとします。ただしドコモ各社に対して負担するパケット通信料についてはドコモが一括して利用者に対して請求するものとし、利用者は当該請求に従いドコモに対して支払うものとします。なおドコモはこの支払いをもってドコモ各社への支払いがあったものとします。

第7条(料金の支払い)

  1. ドコモは、前条に定めるパケット通信料を「グループキャストサービス利用規約」に定めるサービス利用料に合算して利用者に請求するものとし、利用者は請求書記載の支払期日までに当該請求に係るパケット通信料をドコモに支払うものとします。ただしドコモが別途必要と認める場合、随時の期間ごとに計算し利用者に対して請求することができるものとします。
  2. 利用者は「グループキャストサービス利用規約」第22条又は第23条の規定により本サービスの利用が中止又は停止された場合であっても本サービスの提供があったものとして、「グループキャストサービス利用規約」第18条に定める場合を除き料金の支払いを要します。

第8条(預託金)

  1. 利用者または「グループキャストサービス利用規約」16条に定める名義変更に伴う本契約に係る名義変更により新たに利用者になろうとする者は、本サービスの利用に先立ってドコモに対し、預託金を預け入れていただくことがあります。
  2. 預託金の額は1契約あたり10万円とします。
  3. 預託金については無利息とします。
  4. 本サービスの終了等により預託金を預け入れていただく事由が解消した場合には、ドコモは本契約に係る預託金を返還します。ただしこの場合において利用者が本サービスに関する契約に基づきドコモに支払うべきサービス利用料、パケット通信料、その他債務(ドコモ各社に対する債務を含み、以下「残存債務」といいます。)が残存しており、利用者がドコモによる当該サービス利用料の支払い請求にもかかわらず利用者が任意に当該債務を弁済しないときは、ドコモは、本項に基づき利用者に返還すべき預託金を残存債務の弁済に充当し、残額を利用者に返還します。

附則

   本規約は平成25年10月1日から実施します。(平成25年9月1日 改定)

このページのトップへ