ICTブイ

「ICTブイ」とは

「ICTブイ(アイシーティーブイ)」は水温や塩分濃度センサーなどを実装し、水温や塩分濃度などの海洋データをドコモのネットワークを経由してスマートフォンや携帯電話で確認することができるソリューションです。現在値の海洋データだけではなく過去からのデータ推移も表やグラフから確認することができます。漁場により近い場所で綿密なデータを遠隔で把握ができ、適切な漁場管理を実現することができます。

「ICTブイ」とは「ICTブイ」とは

POINTサービスのポイント

  • 水温や塩分濃度などの海洋データを遠隔でも確認可能に
    • 漁場に設置されたICTブイには、水温や塩分濃度など海洋データを収集するためのセンサーを備え付けています。
    • センサーで取得したデータは、ドコモのネットワークを経由し1時間に1回サーバーへ送信されます。
    • また「ウミミル」アプリではICTブイを設置した場所ごとのデータをスマートフォンやタブレットなどを用い、遠隔で確認することができます。
    • 携帯電話からもデータの一覧を確認することができます。
  • 表やグラフでデータをわかりやすく
    • 「ウミミル」アプリでは、あらかじめ表示したいICTブイの地点を設定いただくことによって、トップ画面に登録地点の水温や塩分濃度の直近データと、過去24時間の最高値および最低値を表示することができます。
    • 地点ごとの積算値も表示することが可能です。
    • それらデータを表やグラフへ表示を切り替えることにより、あらかじめ設定した地点同士の比較や過去からの推移を確認することができます。
  • 日誌と掲示板の機能も
    • 「ウミミル」アプリでは、ご利用者が実際おこなった作業内容を記録するための「日誌機能」があります。
    • 「日誌機能」で投入した内容は、グラフや表と連携して表示されます。
    • また、グループ内の生産者同士でメッセージや写真の投稿ができる「掲示板機能」もご利用可能です。

サービス紹介動画

導入メリット

  • 経験や勘をデータで補うことでリスクを軽減し、またデータから裏付けされた計画的な生産、品質の向上を導きます。
  • 漁場の状態確認のための燃料コスト、現場稼働の削減を手助けをします。
  • 掲示板や日誌機能を活用した新たなコミュニケーションスタイルを提供します。

ご利用料金

ICTブイのご利用には、機器代金・初期設置費・通信費およびウミミルアプリの利用料がかかります。
詳細は下記お問い合わせよりお問い合わせください。

「ウミミル」アプリのサービス画面

「ウミミル」アプリのサービス画面「ウミミル」アプリのサービス画面

対応機種

Android OS 4.1以上
iOS 9.0以上

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ(ICTブイ担当)

メールを送りますsuisan@nttdocomo.com

  • 表示金額はすべて税抜です。
  • 画面はイメージです。
このページのトップへ