フィルム型広帯域マルチバンドアンテナ

お知らせ

  • ただ今、新しいお知らせはございません。

お知らせ一覧

「フィルム型広帯域マルチバンドアンテナ」とは

フィルム型広帯域マルチバンドアンテナは、ドコモ先進技術研究所と第二法人営業部が連携し、業界に先がけて開発した、周波数にかかわらず全世界で使えるアンテナです。従来、各国の周波数によって変える必要があったアンテナを1タイプに標準化できるため、M2M/IoTを使った海外展開を計画もしくは検討されているお客さまにおすすめです。

「フィルム型広帯域マルチバンドアンテナ」とは「フィルム型広帯域マルチバンドアンテナ」とは

POINTサービスのポイント

  • ドコモの提供する各種通信方式に対応

ドコモのLTE、Wi-Fi、FOMAプラスエリアなどに対応しており、2×2 MIMO(※)の対応も可能です。

  • MIMOとは、複数のアンテナを組み合わせてデータ送受信の帯域を広げる無線通信技術のこと。
  • ほぼ全世界の主要キャリアの主要技術・主要周波数に対応

世界のGSM、3G(WCDMA、CDMA2000など)、LTEの主要周波数に対応しているため、アンテナの標準化を行うことができ、コスト削減が可能です。

ほぼ全世界の主要キャリアの主要技術・主要周波数に対応ほぼ全世界の主要キャリアの主要技術・主要周波数に対応
  • 強力なサポート体制

お客さまのM2M/IoT海外展開に向けて、導入を全面的にサポートします。
機器管理などの導入に不安をお持ちの場合には、アンテナにとどまらず通信関連全般の導入コンサルティングを提供します。

  • 別途料金が発生する場合があります。

ご利用イメージ

建設機械や、工場、ボイラー・製造機器の管理など、お客さまの業務内容に合わせてご利用になれます。

ご利用イメージご利用イメージ

ご利用料金

お問い合わせください。
開発導入までの支援およびコンサルティング料金はお客さまのご要望や規模によります。

お問い合わせ

このページのトップへ