AI顔認証ソフトウェア「SAFR®」

AI顔認証ソフトウェア「SAFR」とは

SAFRは業界最高水準の認識精度と認識スピードを誇るAI顔認証ソフトウェアです。ディープラーニングにより1,000万を超える顔データを学習しており顔認証のほかに、映像から個人を特定せずに属性の推定を行うことも可能です。

ユースケース例

顔認証を活用した入退室管理・決済、属性推定を活用した来店者分析、視聴者属性によるデジタルサイネージコンテンツの出し分けなどさまざまなユースケースに対応可能です。

ユースケース例 ユースケース例

POINTサービスのポイント

業界最高水準の顔認証

業界最高水準の顔認証

認識精度99.87%(※1)、認識スピード177msを合わせ持つSAFRは、自動改札や入館ゲートなど高いセキュリティを必要としながらもウォークスルーで認証が求められるユースケースにも対応可能です。また、顔画像の登録は正面からの顔画像1枚で登録することができ、マスクを着用したままでも高い認識精度(98.90%)で認証することができます。

属性推定

属性推定

映像から個人を特定せずに性別・年齢・表情を推定することが可能です。そのため、店舗における来店者分析やデジタルサイネージへの属性に応じたコンテンツの出しわけなど、属性推定を用いたソリューションに対応できます。

システム・サービスとの連携

顔認証、属性推定の機能をAPIで提供可能なため、お客さまの既存のシステムやサービスとの連携が容易にできます。また、顔画像の登録や認証を行うためのアプリケーションについて、標準アプリケーションを提供するだけでなく、ソフトウェア開発キット(SDK)の提供も可能なため、お客さまの用途に合わせて柔軟に開発いただくことも可能です。

サービス紹介動画

ご利用料金

詳細は下記 お問い合わせ または、ドコモ法人営業担当者までご連絡ください。

ご利用規約

AI顔認証ソフトウェア「SAFR」のご利用規約は、以下から確認できます。

別ウインドウが開きます AI顔認証ソフトウェア「SAFR」ご利用規約

導入事例

  • 武庫川女子大学様

    学校・教育AI関西1名~50名

    顔認証入退管理システムで、大学図書館のリスクマネジメントと生涯教育支援を強化

お問い合わせ

  • 1:マサチューセッツ大学が公開しているベンチマークテスト “Labeled Faces in the Wild” (LFW) での結果。
  • SAFR®はRealNetworks社の登録商標です。
このページのトップへ