ビジネス ニュース

ビジネスに役立つ情報が満載!「コラム」「漫画で見る」コンテンツを公開中!

2019年3月12日

「RPA」についてわかりやすくご説明します

  • facebook
  • twitter
  • line

働き方改革を推進する施策の一環

「人手不足で遅くまで残業している」「事務作業に時間を取られて仕事が進まない......」。

もしもあなたがそのような悩みを抱えているのであれば、作業を自動化・効率化できるRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を導入することで、問題を解決できるかもしれません。

「ロボット」や「自動化」と聞くと、大企業だけの話と思うかもしれませんが、実は中小企業にこそRPAはその真価を発揮します。

生産性の向上やコスト削減に向けて、RPAとはどのようなものか理解を深めていきましょう。

RPAとはロボットによる業務の自動化・効率化

RPAとはロボットによる業務の自動化・効率化

「ロボティック・プロセス・オートメーション(Robotic Process Automation)」、略してRPAとは、従来は人の手で行なっていた定型業務を、ロボットに代わりに自動処理してもらう仕組みのことです。

ここでいう定型業務とは、一定のルールが確立されている単純な業務や、時間のかかるデータ処理のことを指します。例えば以下のようなものです。

・商品情報の登録、在庫状況の管理

・注文書や申込書などのデータ入力

・請求書の処理や仕訳

・勤怠システムの管理、チェック

これらの決まりきった作業には、人間の判断や意思決定を必要としません。求められるのは、業務処理のスピードと正確性です。そしてそれは、ロボットが最も得意としている分野でもあります。

RPAは、パソコン上で定型業務を行うと、その業務の流れやルールを理解して、その通りに自動処理を行います。人の手ではどうしても時間がかかる業務も、RPAを活用すれば正確かつ速やかに遂行できます。

RPAが求められる社会的背景とは

RPAが求められる社会的背景とは

RPAはここ2〜3年で急激に注目を集めるようになりました。その理由は大きく2つあります。

1. 少子高齢化で働き手が少なくなり、どこの企業も人手不足・採用難

2. 残業規制など働き方改革の推進により、生産性の向上が急務

特に中小企業は人手不足の問題が深刻なため、限られた人数でより生産性を高めていかなければなりません。

そのような問題を解決する一手となるのがRPAです。24時間365日稼働できるロボットは、私たちの業務をサポートする強力なアシスタントとして活躍が期待できます。

RPA導入による3つのメリット

RPA導入による3つのメリット

RPAの導入により得られるメリットは、大きく3つあります。

1. 定型業務をスピーディかつ正確に遂行できる

RPAは設定したルールに基づいて、100%正確な成果をスピーディに出せます。人的ミスによるリスクもないので安心です。また成果物のレベルも標準化されるため、扱う人のキャリアや経験などの影響を受けません。

2. より付加価値の高い業務に集中できる

ロボットに定型業務を代行させることで、人間にしかできない創造的な業務に余力をあてることができます。新規開拓や戦略立案、顧客接点に関わる業務に注力できれば、生産性の向上や競争力の強化を図れます。

3. 人手不足の解消や働き方改革につながる

ロボットには休みが必要ないので、いつでも稼働し続けられます。月末月初のピーク時でも、残業をしたり、追加で人員を用意したりする必要はありません。このように業務削減や効率化を図ることで、人手不足の解消や働き方改革を目指すことができます。

中小企業におけるRPA導入の成功事例

中小企業におけるRPA導入の成功事例

RPAは簡単な操作で設定・運用できるものが多く、利用するハードルが低いことから、さまざまな企業で導入が進んでいます。

農業用品の受注販売をしている「下関農業協同組合」様では、大量の注文書の処理に時間がかかっていたところ、RPAの導入により作業時間を8割短縮することに成功しました。

事例についてより詳しく知りたい方は、「こちら」をご参考ください。

RPAは人手不足・働き方改革の救世主

人事・経理・営業事務などにおける定型業務は、どの企業にも必ず存在します。RPAはそのような業務を自動化・効率化させ、私たちのビジネスや働き方を支えてくれる頼もしいツールです。

もしも繰り返しの単純作業に時間を取られている、または人手不足や働き方改革の対応に追われているなどの悩みがありましたら、ぜひRPAの導入を検討してはいかがでしょうか。

ドコモでは純国産のRPAツール「WinActor」を提供しており、安価に業務改善ができるとご好評をいただいています。さまざまな業界・業種のお客さまへの導入実績がありますので、うちの会社だとどういう使い方ができるの?といったお悩みから、ぜひお気軽にご相談ください。

またドコモ主催で「働き方改革」に関するセミナーを全国各地で開催しており、その中でRPAについても取り上げています。開催日程は「こちら」から。ぜひご覧ください。

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • line

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

ドコモ・コーポレートインフォメーションセンター

0120-808-539

携帯電話・PHS OK

受付時間:平日午前9時~午後6時(土・日・祝日・年末年始を除く)

  • 海外からはご利用になれません。

このページのトップへ