ビジネス ニュース

ビジネスに役立つ情報が満載!「コラム」「漫画で見る」コンテンツを公開中!

カードケータイ01

2019年9月6日

名刺入れに収まる携帯電話?
新感覚のモバイル端末が登場。

  • facebook
  • twitter
  • line

進化し続ける
現代の携帯電話。

カードケータイ02

国内で携帯電話のサービスが開始されたのは、1987年のこと。携帯電話の進化の歴史は長く、電話としての機能の向上にとどまらず、さまざまな機能と付加価値を加えながら進化を続けてきました。そのスピードはめざましく、スマートフォンが主役となってからも、1台でできることは増え続けています。そんな流れの中、ドコモから発売された「カードケータイ」が、シンプルさを追求した機種として注目を集めています。厚さは約5.3mm、重さも約47gと、4Gケータイで世界最薄※1、最軽量※1。名刺ほどのサイズ感が最大の特徴で、利用できるサービスは通話の他に、SMS、カレンダー、時計、電卓、Web閲覧、メモ帳、テザリングなど。カラーの液晶や有機ELではなく電子ペーパーディスプレイを採用しています。多機能化が進む現代の携帯電話市場に登場したシンプルなカードケータイは、私たちにどんな「便利」をもたらしてくれるのでしょうか。

ビジネスシーンにある
シンプルさへのニーズ。

カードケータイ03

私たちの生活をより便利にするため、さまざまな機能を追加しながら進化を続けてきた携帯電話。一方で、文字通り「電話」として社員に携帯電話を持たせたい場合、高機能ゆえにそのすべてを使いきれないかもしれないという声や、業務上必要な機能だけに絞った機種が欲しいという声も存在します。そういったニーズに合致するのが今回のカードケータイではないでしょうか。携帯電話に求められる基本的な役割にフォーカスし、“小さくてシンプル”という点にこだわって開発されたのが今回の「カードケータイ」なのです。

軽くてコンパクトな便利さ。

カードケータイ04

「電話がかかってくるかもしれないから、プライベートのときも会社用の携帯電話は持ち歩くようにしている」という方も多いのではないでしょうか。しかし、個人用と合わせて2台を常に持ち歩くというのは意外と大変なもの。男性の場合、休みの日はカバンを持ち歩かないという人も多く、2台の携帯電話をポケットにねじ込んでいる、なんて姿も見受けます。その点、スリムでかさばらないカードケータイは会社用の携帯電話として理想的な存在かもしれません。カバンは持ち歩くけれど、荷物が多くかさばりがちな女性の場合も同様です。また、カードケータイに採用されている電子ペーパーディスプレイは、静止画面の消費電力ゼロ※2で電池持ちが良いため、長時間外出する際につきまとうバッテリーの心配からも解放されるでしょう。

セキュリティの観点からも
期待されるカードケータイ。

イメージ05

ほとんどの機種にカメラ機能が搭載されている現在、携帯電話の持ち込みが制限されるケースも増えています。例えばメーカーや研究機関など、新商品の開発や最新の研究・技術開発が行われているような場所では、情報漏洩を防ぐ意味でカメラが搭載されている携帯電話は持ち込みができない場合があります。また、セキュリティの観点から出社したら携帯電話をロッカーにしまい、業務を開始するという社内規定の職場も少なくありません。その点、カメラ機能がないカードケータイならあんしんです。一本の電話がビジネスチャンスにつながる営業マンにとっても、頼もしい存在と言えるのではないでしょうか。

前述のように、あえて機能を絞ったことによって“小さくてシンプル”という他にはない特徴を手にしたカードケータイ。携帯電話の常識を塗り替えるこの新感覚モバイル端末の可能性が今注目を集めています。

  • 1:2016年1月~2018年8月末までに発売・発表された4G対応携帯電話端末 (スマートフォンは除き、ストレート形状のものに限る) 2018年9月5日現在、京セラ株式会社調べ。
  • 2:操作しない場合の表示電力。
  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • line

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

ドコモ・コーポレートインフォメーションセンター

0120-808-539

携帯電話・PHS OK

受付時間:平日午前9時~午後6時(土・日・祝日・年末年始を除く)

  • 海外からはご利用になれません。

このページのトップへ