ビジネス ニュース

ビジネスに役立つ情報が満載!「コラム」「漫画で見る」コンテンツを公開中!

2018年6月29日

電子雑誌──。ビジネスでの使いどころを考える

  • facebook
  • twitter
  • line

どんな「待ち時間」も「喜び」に変わる

この仕組みは美容室だけでなく、さまざまなシーンで利用可能です。
たとえば、病院の待合室や健康診断専門のクリニックでも、来院者の待ち時間を埋めるために雑誌が常備されているのが一般的です。病院の来院者は、老若男女多岐にわたるため、診断待ちの人全員に興味のある雑誌を提供するのは非常に難しいのが現状です。しかし、数台のタブレットを設置し、dマガジン for Bizのサービスを提供する。それだけで、多種多様の雑誌を常備しておく必要がなくなります。

また、タブレットの場合、紙と比べて汚れをとりやすいため、清潔さを簡単に維持することが可能です。病院という特性上、気になる衛生面も、雑誌の回し読みより維持しやすいです。

加えて、医療機関の入院患者に向けたサービスとして、dマガジン for Bizが利用可能なタブレットを貸し出すというのもおすすめの活用法です。特に、整形外科の入院患者の中には、身動きは取れないものの、娯楽の手段がほしい方も多くおられるはずです。そうした方にとっては、dマガジン for Bizは、時間を埋める有効な手段となりえます。

また近年の飲食店では、セルフオーダー端末としてタブレットが活用されることが増えています。その端末でdマガジン for Bizのサービスを提供すれば、顧客は注文後の待ち時間、あるいは飲食中の娯楽として、雑誌の閲覧を楽しむことが可能になります。特に旅行者にとっては、観光地の飲食店で、旅の情報誌を閲覧できることは次のプランを考えるのにちょうどよいサービスになるはずです。高い顧客満足度を得るのに役立つ活用法ではないでしょうか。

dマガジン for Bizは、このほかアイデア次第でさまざまな応用方法があるといえます。顧客満足度の向上はもとより、従業員に対するサービス向上や業務負荷の低減につなげられる可能性もあるはず。「待ち時間」を「喜び」や「楽しみ」に変えるdマガジン for Biz──。そのご活用を改めて検討されてみてはいかがでしょうか。

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • line

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

ドコモ・コーポレートインフォメーションセンター

0120-808-539

携帯電話・PHS OK

受付時間:平日午前9時~午後6時(土・日・祝日・年末年始を除く)

  • 海外からはご利用になれません。

このページのトップへ