ビジネス ニュース

ビジネスに役立つ情報が満載!「コラム」「漫画で見る」コンテンツを公開中!

2018年7月23日

経費・勤怠クラウドで管理業務が一変する

  • facebook
  • twitter
  • line

紙と手作業からの解放を願って

経費精算と勤怠管理は、今までは紙や手作業で処理が進められることが多く、ITによる効率化があまり進んできませんでした。ところが、最近になって、それらの処理フローに大きな変化が見られはじめています。クラウドサービスによるペーパーレス化の動きです。以下、その変化について、具体的に見ていくことにします。

まずは、経費精算のあり方の変化から紹介します。

従来、経費精算の典型的な流れは、各従業員がパソコンを使って毎月の経費を手作業で経費精算申請書に入力し、紙に印刷、上長の承認を経たのちに経理担当者に回すといったものでした。また、経費精算申請書を受け取った経理担当者は、書面に入力ミスや計算ミスがないかどうか、必要な領収書がきちんと添付されているかを入念にチェックし、その上で、会計ソフトに仕訳しながら手作業で経費データを入力していくのが常でした。

このような紙や手作業での作業は煩雑で、入力ミスも起きがちです。そのため、従業員も経理担当者も、作業をできるだけ自動化したいと願っていました。それを実現するテクノロジーとして人気を博しているのが経費精算のクラウドサービスなのです。

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • line

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

ドコモ・コーポレートインフォメーションセンター

0120-808-539

携帯電話・PHS OK

受付時間:平日午前9時~午後6時(土・日・祝日・年末年始を除く)

  • 海外からはご利用になれません。

このページのトップへ