ビジネス ニュース

ビジネスに役立つ情報が満載!「コラム」「漫画で見る」コンテンツを公開中!

2018年7月23日

経費・勤怠クラウドで管理業務が一変する

  • facebook
  • twitter
  • line

外出先でも申請・承認、のちの経理処理も効率化

経費精算のクラウドサービスは、文字どおり、“経費精算の効率化”に的を絞った仕組みです。代表的なサービスの一つとして、「マネーフォワードクラウド経費」が挙げられます。マネーフォワードクラウド経費の特徴は、インターネットにつながっていれば、経費申請と承認がどこからでも行えることです。たとえば営業担当者は、外出先での空き時間を利用してスマートフォンやタブレットで簡単に経費申請が行えます。一方、申請を受けた上長も、場所を選ばずに承認処理ができます。これにより、上長の長期出張で承認が滞るといったことも避けられます。また、経費申請に領収書が必要なときには、領収書をスマートフォンのカメラで撮影するだけで、領収書を経費申請の処理に回せます。

もう一つ、マネーフォワードクラウド経費の大きな特徴といえるのが、利用者のクレジットカード口座から明細データを自動的に読み込む機能を備えていることです。この機能を使うことで、クレジットカードの明細の内容をいちいちマネーフォワードクラウド経費に転記する必要はなくなります。また、接続可能な銀行やクレジットカードは3,500以上あり、ほぼすべての金融機関に対応しているといえます。

マネーフォワードクラウド経費は会計ソフトとの連携が可能で、マネーフォワードクラウド経費で集計・仕訳したデータを会計ソフトに読み込ませることができます。そのため、経理担当者は、経費申請のデータをまとめたり、手作業で会計ソフトに入力し直したりといった手間がなくなります。また、チームごと、部門ごと、プロジェクトごとなど、さまざま「切り口」で経費データを集計するのも容易で、そうして集計したデータは、経営層による投資や予算配分の適正化にも役立ちます。

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • line

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

ドコモ・コーポレートインフォメーションセンター

0120-808-539

携帯電話・PHS OK

受付時間:平日午前9時~午後6時(土・日・祝日・年末年始を除く)

  • 海外からはご利用になれません。

このページのトップへ