ビジネス ニュース

ビジネスに役立つ情報が満載!「コラム」「漫画で見る」コンテンツを公開中!

2018年7月23日

経費・勤怠クラウドで管理業務が一変する

  • facebook
  • twitter
  • line

勤怠管理も、紙からデジタルへ

一方、勤怠管理も、経費精算と同じく紙や手作業主体で業務が回されることが多くあります。たとえば、従業員がパソコン上の出勤簿に自分の出退勤記録を手作業で入力して印刷した紙を管理担当者に手渡すといったパターンです。

このような勤怠管理では、データの入力漏れや入力ミスを発生させがちです。しかも、管理担当者は、回収した一人ひとりの紙の出勤簿を漏れなくチェック・集計して給与ソフトに手作業で入力し直さなければなりません。従業員の人数にもよりますが、この一連の処理にも相応の手間がかかるはずです。

出退勤をタイムカードで管理しているなら、出勤簿を作成する従業員の手間は、多少軽減されるでしょう。とはいえ、出張のときや直行・直帰の場合には、後日、手入力で勤怠記録の欠落部分を埋めていかなければなりません。また、管理者がデータをチェック・集計して給与計算ソフトに入力する手間は、紙の出勤簿の場合とそれほど変わらないといえます。

さらに、紙の出勤簿やタイムカードによる管理では、問題となる「長時間労働」の発見が遅れるおそれもあります。管理者側は、従業員が労働時間超過を重ねていることに、1か月分の出勤簿/タイムカードを見てはじめて気づく。そういう事態になりかねません。

勤怠管理のクラウドサービスは、このような問題をすべて解決できるソリューションです。その利便性から企業の導入が活発化しており、代表的なサービスに「KING OF TIME」が挙げられます。以下、このサービスを例に取りながら、勤怠管理クラウドサービスの効用について紹介します。

  • facebook
  • twitter
  • line

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

ドコモ・コーポレートインフォメーションセンター

0120-808-539

携帯電話・PHS OK

受付時間:平日午前9時~午後6時(土・日・祝日・年末年始を除く)

  • 海外からはご利用になれません。

このページのトップへ