ビジネス ニュース

ビジネスに役立つ情報が満載!「コラム」「漫画で見る」コンテンツを公開中!

2018年8月6日

もう怖くない!顧客情報のあんしん利活用

  • facebook
  • twitter
  • line

顧客情報の活用力を高める一手

このような情報セキュリティ上の課題を解決しつつ、顧客情報の共有化・有効活用を実現する一手として企業の間に浸透しつつあるのが「CRM/SFAツール」です。

CRM/SFAツールとは、顧客情報管理であるCRM(*2)の機能と、営業活動支援であるSFA(*3)の機能を併せ持つソフトウェアのことです。多くはクラウドサービスとして提供され、インターネットに接続できる場所ならどこからでも利用できます。スマートフォンやタブレット、パソコンなどデバイスも選びません。

*2 CRM: 顧客関係管理を意味するカスタマーリレーションシップマネジメント(Customer Relationship Management)の略。売上・利益に貢献する“優良客”を増やし、企業を成果や成長へと導く顧客志向のマネジメント手法のこと。

*3 SFA: 営業担当者の業務効率化をするため、営業プロセスや業務管理を行うためのシステムのこと。セールスフォースオートメーション(Sales Force Automation)の略。

CRM/SFAツールの場合、顧客情報などのデータベースが不要にコピーされたり、意図せず新しい情報が古い情報に書き換えられたりする恐れもほとんどないといえます。

クラウド型のCRM/SFAツールを使う場合、自社の顧客情報が社外に置かれることになります。そのことに情報セキュリティ上の不安を感じる方がいるかもしれません。しかし、有力な提供企業のCRM/SFAサービスは、情報の保護・管理が徹底されているため、厳密な情報管理が必須とされる金融機関でも活用されはじめています。一般企業が社内のパソコンやサーバーで顧客情報を管理するよりも、有力な提供企業のクラウド環境で管理した方が安全とされています。

またCRM/SFAツールを使うと、担当者別のデータを案件情報付きで引き出したり、営業活動に関する情報を部内で共有したりするのも簡単になり、これまで属人化していた営業のノウハウ・品質が平準化され、営業力全体の底上げにつながる可能性もあります。

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • line

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

ドコモ・コーポレートインフォメーションセンター

0120-808-539

携帯電話・PHS OK

受付時間:平日午前9時~午後6時(土・日・祝日・年末年始を除く)

  • 海外からはご利用になれません。

このページのトップへ