ビジネス ニュース

ビジネスに役立つ情報が満載!「コラム」「漫画で見る」コンテンツを公開中!

2018年9月3日

モバイル便利帳 第3話 スマホカメラで高める業務効率

  • facebook
  • twitter
  • line

ユースケース① チームの業務スピードのアップ

スマホカメラの効果的なユースケースとして、まずご紹介したいのは、従業員による業務のスピードと正確性を向上させる使い方です。

スマホカメラそのものが仕事の処理能力を高めてくれるわけではありません。ただ、チャットツールなどのコミュニケーションツールとスマホカメラをうまく活用することで、現場で働く担当者の業務スピードや判断力、あるいは、管理業務の効率性を向上させることが可能になります。その例をいくつかご紹介しましょう。

■ 撮像を用いて遠隔の上司・同僚の力を借りる

小売店舗や機器・機械のメンテナンス、建設などの現場で働く担当者は、ときおり、自分の知識や経験だけでは正しい判断ができない場面に突き当たります。

・「商品の陳列のし方は本当にこれでいいのか?」(小売店舗の担当者)
・「機器のこの異常な動きにどう対処すべきか?」(機器・機械メンテナンスの担当者)
・「この家の壁の仕上げは、これでいいのか?」(建設現場の担当者)

といった内容です。

上記のような不明点も、適切な指示・指導をしてくれる上司や同僚が常に近くにいてくれるならば問題はありませんが、いつもそうとは限りません。電話をかけたとしても、上司・同僚に、状況をうまく口頭説明できないこともあるでしょう。

そんな場合に、問題や不明点のあることをスマホカメラで撮影し、チャットツールで上司・同僚に送り、フィードバックをもらいます。これにより、たとえ経験の浅い新人であっても、問題への正確でスピーディーな対処が可能になります。

これと同様の活用法によって、現場の担当者では判断が難しい査定や概算費用の算出を、遠隔の上司にしてもらうことも可能になります。実際、中古車の査定を行う際に、スマホカメラの撮像を使って上司の判断を仰ぎ、現場査定のスピードを向上させている中古車ディーラーもあるようです。

■ 作業連携の効率性と正確性を上げる

スマホカメラを使えば、製造における各工程の情報連携も速やかで正確になります。具体的には、製造の前工程の担当者が、次工程の担当者に申し送る内容にスマホカメラの撮像を加えることです。これによって文字や口頭だけの申し送りに比べて、はるかに多くのことを正確に、わかりやすく伝えられるようになります。

■ 管理業務を効率化する

小売店舗では、店舗のマネジャーや商品のブランドマネジャーが各店舗をぐるりと見て回り、商品の陳列や店舗前のディスプレイの指示・指導をしなければならないことがあります。そうした管理者の移動の時間や労力も、各店舗とのスマホカメラ撮像の共有や、それを使った指示・指導で大きく低減させることができます。

売上を大きく左右するディスプレイの確認も、スマホで撮影した写真で確認すれば、管理者の移動時間やコストの削減が可能に。

このように、スマホカメラを活用することで、従業員は自分の置かれた状況や直面している問題、あるいは自分の考えを、手早く、正確に周囲に伝えることができます。そのため、上司や従業員同士の知識、アイデアの連携がスムーズになり、現場の業務スピードを高めたり、管理業務を効率化することが可能になります。上では特定業種のユースケースを挙げましたが、応用の幅はアイデア次第でさまざまに拡がっていくといえるでしょう。

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • line

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

ドコモ・コーポレートインフォメーションセンター

0120-808-539

携帯電話・PHS OK

受付時間:平日午前9時~午後6時(土・日・祝日・年末年始を除く)

  • 海外からはご利用になれません。

このページのトップへ