ビジネス ニュース

ビジネスに役立つ情報が満載!「コラム」「漫画で見る」コンテンツを公開中!

2018年9月3日

モバイル便利帳 第3話 スマホカメラで高める業務効率

  • facebook
  • twitter
  • line

ユースケース③ 作業者の誠実さも示せる

スマホカメラで作業内容を撮影することで、仕事に対する作業者の誠実さをデータで示すことが可能になります。

たとえば、機器・機械、あるいは家具の修繕/修理/保守の現場では、顧客の期待どおりの成果が求められますし、作業対象に作業前にはなかったキズをつけたり、不具合を発生させたりすることは原則として許されません。そのため、作業者には仕事に対する高いスキルや誠実さが必要とされますが、一方で、顧客からは修繕/修理/保守の作業内容はよく見えず、作業者の業務品質の高さや誠実さがあまり評価されないことがあります。そこで、作業記録をスマホカメラで撮影してデータで残すようにします。これにより、作業者のレベルの高さを顧客に客観的に理解してもらったり、キズや不具合が作業によって生じたものでないことを証明することが容易になります。

これは、前出の清掃の作業についても同様にいえることです。たとえば、清掃対象エリアの壁や床にキズがあったとします。それを含めて清掃前の状態を撮影しておけば、壁や床のキズが清掃によってできたものでないことを証明することにつながります。

また、住宅の建築/リフォームの工事では、作業が進むにつれて天井裏、床下、水回りなどの工事内容が見えなくなります。そのため、本当に設計図や契約書どおりの工事を行ったかどうかを施主に証明するのが困難になりますが、スマホカメラで工事の進捗を細かく記録しておくことで、仕事に対する誠実さを証明し、顧客からの信頼を得ることが可能になります。

同様に、ビル・建物の点検や、車両の点検といった業務についても、必要な点検をすべて行ったことをスマホカメラで証明できます。

以上のように、スマホカメラの業務活用の幅は非常に広範囲で、スマホカメラを業務効率化に役立てるためのツールも数多く存在しています。ドコモでも建築業向けクラウド型業務支援サービス「ARCHITREND Do!Photo for docomo」やクラウド型の記録帳(デジタルノート)「Evernote Business」、ビジネス特化のチャットツール「Linkit」「WowTalk for ビジネスプラス」、さらには、クラウド型の点呼システム「docoですcar アルコールチェック」など、スマホカメラを業務の効率化に活かせるツールを数多く提供しています。

業務のなかで、“厄介モノ”の扱いを受けることがあるスマホカメラですが、使い方次第で業務の効率化、ひいては働き方改革の一手となりうるとご記憶ください。

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • line

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

ドコモ・コーポレートインフォメーションセンター

0120-808-539

携帯電話・PHS OK

受付時間:平日午前9時~午後6時(土・日・祝日・年末年始を除く)

  • 海外からはご利用になれません。

このページのトップへ