ビジネス ニュース

ビジネスに役立つ情報が満載!「コラム」「漫画で見る」コンテンツを公開中!

2018年9月6日

中小企業のための働き方改革関連法 遵守のポイント

  • facebook
  • twitter
  • line

②“同一労働同一賃金”の要点

働き方改革関連法により、雇用形態の違いによる「不合理な待遇差」の解消に向けた規定整備(パートタイム労働法・労働契約法・労働者派遣法の改正)も行われ、大企業では2020年4月1日から、中小企業については2021年4月1日から適用されます。

この規定整備の根底にある考え方の一つが、正規/非正規などの雇用形態にかかわらず、勤続年数や成果、能力が同じなら同一の賃金を支払うという「同一労働同一賃金」です。

たとえば、有期雇用労働者については、正規雇用労働者と「職務内容」「職務内容・配置の変更範囲」が同一である場合には、均等待遇の確保が義務化されました。

また、派遣労働者についても、派遣先の正規雇用労働者との「均等・均衡待遇」を行うか、あるいは「同種業務の一般の労働者の平均的な賃金と同等以上の賃金であること」といった「一定の要件」を満たした「労使協定による待遇」を行うことが義務化されています。

さらに、短時間労働者・有期雇用労働者・派遣労働者に対して、正規雇用労働者との待遇差の内容・理由などを説明することも義務化されています。

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • line

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

ドコモ・コーポレートインフォメーションセンター

0120-808-539

携帯電話・PHS OK

受付時間:平日午前9時~午後6時(土・日・祝日・年末年始を除く)

  • 海外からはご利用になれません。

このページのトップへ