ビジネス ニュース

ビジネスに役立つ情報が満載!「コラム」「漫画で見る」コンテンツを公開中!

2018年9月6日

中小企業のための働き方改革関連法 遵守のポイント

  • facebook
  • twitter
  • line

法施行後、慌てないために

こうした「同一労働同一賃金」の制度についても、前述した「時間外労働の上限規制」にしても遵守が必須ですが、そもそも日本の企業──特に中小の企業では、少子高齢化のうねりによって人材不足・人手不足が深刻化し、労働条件や就労環境を改革・改善しないかぎり、十分な人材を確保するのが困難になっているとされています。

そのため、働き方改革関連法が施行されるからというよりも、自社の事業を守るために、長時間労働の是正や非正規雇用者の処遇の見直しを、すでに着手されている企業もあるのではないでしょうか。

しかしまだ未着手という企業や、解決策は考えはじめているが実行はできていないという企業もきっと多くあるはずです。そんな企業には、同法の施行がはじまるより前に、なるべく早い段階で法遵守のための課題解決策の実施・導入をおすすめします。実施に伴う変化は、社内文化・環境の変化にも大きくかかわるため、社全体に浸透するまでに時間がかかるからです。

では、課題解決策には、どんなものがあるのか? 考えられるものの一つはITソリューションによる業務効率化です。
たとえば、ドコモでも提供している迅速な情報伝達を実現するビジネス向けチャットツール(「WowTalk for ビジネスプラス」など)やグループウェア(「Office 365」や「G Suite」など)、またクラウドで効率的に勤怠管理を行えるシステム(「KING OF TIME」)などを導入し、業務の効率化を実現している企業は多くあります。このような業務効率化につながるさまざまなツールを活用しながら、会社も働き手も幸せを感じられる職場作りをめざしていくこと。それは、自ずと法令遵守につながるといえるはずです。

働き方改革関連法の施行に伴う課題出現は避けられない事案と捉え、その解決策まで先んじて検討しておくことは、企業経営者を結果として助けることになるといっても過言ではないのではないでしょうか。

※本稿における、働き方改革関連法についての記述は2018年9月6日時点の情報となります。

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • line

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

ドコモ・コーポレートインフォメーションセンター

0120-808-539

携帯電話・PHS OK

受付時間:平日午前9時~午後6時(土・日・祝日・年末年始を除く)

  • 海外からはご利用になれません。

このページのトップへ