ビジネス ニュース

ビジネスに役立つ情報が満載!「コラム」「漫画で見る」コンテンツを公開中!

2018年9月26日

業務効率化の究極の一手!? 「RPA」とは何なのか

  • facebook
  • twitter
  • line

未経験でもプログラミングをするべき?

以上のように、RPAは人の業務負担を低減するための仕組みです。
さらに“ツール”を使えば、誰でも簡単に業務の自動化ができるのは前述のとおり。実際にはどんなツールがあるのでしょうか? ドコモで提供している「WinActor」を例にとってご説明しましょう。

WinActorは、パソコン上で人が行った操作の流れを記憶し、自動化してくれるサービスです。利用の際に、特に大規模なシステムは必要なく、パソコンにソフトをインストールするだけで使いはじめることができます。プログラミングなどの知識を持たない一般社員でも苦労せずにRPAの仕組みを作成できるという簡単さから、すでに多くのお客さまが導入し、業務効率化に役立てています。

たとえば、WinActorで自動化したい定型的な業務処理があるとしましょう。その際にはまず、WinActorを「記録モード」にして、自動化したい作業をいつもどおりにパソコン上で行います。レコーダーに自分の声を録音するのと似たような要領で、“記録”させるのです。それだけで、WinActorは、自動化対象の作業手順を記憶し、そこからフローチャート(図①)を自動的に作り、自動処理の「シナリオ」を作成します。このシナリオは、そのまま実行できるだけでなく、専用ツールで編集をして、ほかの業務に適用することも可能です。

図①: WinActorによるシナリオ作成の流れ

WinActorはまた、紙文書のテキストや手書き文字をデジタルデータに変換するシステムなどとも連携することが可能です。紙文書内のデータを、手作業でパソコンに入力し直すといった作業でさえ自動化できるのです。そのため、人材不足の深刻化や働き方改革の流れのなかで、今後さらに導入・活用が進む可能性があります。

このようにRPA(WinActor)は、さまざまな企業に存在する定型業務の多くを自動化することができます。業務の効率化や省力化に直接的な効力を発揮する仕組みとして、今後もユーザーの裾野を拡げていくに違いありません。まずは、いまある自分の業務で自動化できることは何か? 繰り返しの単純作業で、誰かに頼みたい、と思うような業務はあるか? そんなことをチェックしてみてはいかがでしょう。それをロボットやシステムが自動でやってくれると考えると、きっとどれだけ仕事が効率化されて楽になるか、自分の本来的業務に割ける時間が増えるかがわかるのではないでしょうか?

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • line

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

ドコモ・コーポレートインフォメーションセンター

0120-808-539

携帯電話・PHS OK

受付時間:平日午前9時~午後6時(土・日・祝日・年末年始を除く)

  • 海外からはご利用になれません。

このページのトップへ