ビジネス ニュース

ビジネスに役立つ情報が満載!「コラム」「漫画で見る」コンテンツを公開中!

2019年3月11日

セレクトショップの売上増進とIT

  • facebook
  • twitter
  • line

セレクトショップ成功の要件

日本における衣料品の販売は伸び悩んでいます。経済産業省の「商業動態統計」を見ても、衣料品全体の2017年の売上は11兆600億円で、前年よりやや持ち直したものの、2015年を下回る結果です。スーパーや百貨店での衣料品販売は振るわず、2013年から2017年にかけての5年間、販売売上が落ち続けているのが実情です(図1)。

伸び悩む百貨店・スーパーの衣料品販売

図1:経済産業省「商業動態統計」をもとに編集部が作成

そうしたなかにあって、民間の調査などで堅調な伸びが伝えられているのが、経営者のこだわりの衣料品や雑貨などをそろえたセレクトショップです。

セレクトショップは小売業のなかでも起業がしやすく、またそういった店舗を望む人たちも多くいます。現在規模が大きいセレクトショップも、個人経営の小さな店舗からスタートしていることが多く、少ない資本での開業、一人で営業できる、将来的な成長も見込めるなどが経営や開業の魅力です。加えて、自分の趣味やセンスをフルに生かせることも、セレクトショップを開業しようとする方が絶えない理由の一つといえます。

ただ、新規参入がしやすいということは、それだけ競争も激しくなるということ。独立行政法人 中小企業基盤整備機構(中小機構)が運営する中小企業ビジネス支援サイト「J-Net21」では、セレクトショップの特徴を、「競争も厳しく、中途半端な店では生き残りは難しい。経営者の感性が勝負」と表現しています。

そのJ-Net21では、セレクトショップが売上を維持・拡大し成功するために、以下3つのポイントを挙げています。
① 人目を引くディスプレイ
② 商品知識の豊富さ、ハイセンスなコーディネイトの提案力
③ 顧客情報の管理と、ワントゥーワンのアプローチによる囲い込み
小さな店舗で来店顧客も少ない場合には、個人の力でもこれらの要件を満たすことができるかもしれません。しかし、ショップが人気となり、顧客数が増えたり、店舗数を増やしたりする場合には、人の力だけでなく、ITを活用した方が効率的に、かつ、確実に上記のいくつかの要件を満たせる可能性が拡がります。そこで次に、上記3つのポイントを満たすのに有効と思われる方法を紹介します。

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • line

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

ドコモ・コーポレートインフォメーションセンター

0120-808-539

携帯電話・PHS OK

受付時間:平日午前9時~午後6時(土・日・祝日・年末年始を除く)

  • 海外からはご利用になれません。

このページのトップへ