ビジネスコラム

ビジネスに役立つ情報が満載!「コラム」「漫画で見る」コンテンツを公開中!

2019年1月21日

タイムイズマネー!営業時短のクラウド

  • facebook
  • twitter
  • line

時短のためのソリューションとは?

このように、営業担当者の時短を実現するには、外出先でも業務報告や申請ができ、上司や同僚との情報共有やコミュニケーションを円滑にできるようにする必要があります。最近はそのためのさまざまなITソリューションが登場しているので、それらを有効に活用したいものです。

業務報告や申請、承認を外出先で済ますには、業務報告用クラウドや各種申請クラウド、ワークフロークラウドなどの活用が有効です。シンプルな機能に絞ったサービスとしては、外出先から簡単に業務報告を行える「SPPM BizReport」、外出先の空き時間や出張先からパソコンやスマホで各種申請・承認ができる「Streamline Lite」などがあります。

外出中の空き時間などに簡単に経費申請や承認ができるサービスとしては、「マネーフォワードクラウド経費」が。さらに総務への届け出、稟議書、経費精算、取引先への支払依頼など、社内のあらゆる申請をデジタル化して運用できる「ジョブカンワークフロー」といったサービスもあります。

社員同士の営業資料やスケジュールの共有、円滑なコミュニケーションには、クラウド型グループウェアの活用が有効です。外出先から営業資料やスケジュールの閲覧・検索・作成・編集などが簡単に行えるようになり、業務の効率化につながります。

たとえば「G Suite」を導入すれば、大容量メールとファイルストレージ、カレンダーやビデオ会議を利用でき、社員間のスピーディーなコミュニケーションが可能になります。「Microsoft 365(旧称Office 365)」なら、Word、Excel、PowerPointなどのOfficeアプリケーションに加え、Web会議やチャット、メール、予定表、連絡先、文書管理、社内ポータルサイトなどのグループウェア機能を活用できます。

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • line

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

ドコモ・コーポレートインフォメーションセンター

0120-808-539

携帯電話・PHS OK

受付時間:平日午前9時~午後6時(土・日・祝日・年末年始を除く)

  • 海外からはご利用になれません。

このページのトップへ