ビジネス ニュース

ビジネスに役立つ情報が満載!「コラム」「漫画で見る」コンテンツを公開中!

2019年3月18日

IoTによる「見える化」で未来はもっと便利になる

  • facebook
  • twitter
  • line

いまやIoTは身近な生活にも使われている

Internet of Things、日本語でいえば「モノのインターネット」という言葉どおり、エアコンや冷蔵庫、スピーカーなどの身近なものから、企業で使われる特殊機械まで、さまざまな“モノ”をインターネットにつなげることをさす言葉、IoT。さまざまなモノの動きや状態を可視化することができるのが、その特徴のひとつです。では、具体的には、どんなソリューションで活用されているのでしょうか? すでに活用されているシーンと合わせて、身近なところからご紹介しましょう。

すぐにイメージしやすいのは、高齢者や子どもを見守るIoTソリューションです。
位置情報を取得するGPSシステムを利用し、見守り対象が身に着けた小型の端末の位置情報を受信する見守りサービスなど、“モノ”をインターネットに接続することで、高齢者や子どもたちの現在地を確認できるソリューションとなります。高齢者や子どもたちと離れている場合などに、「いま、どこにいるか」を確認したいご家族や医療介護の事業者にとって便利なIoTソリューションといえます。ドコモでは、法人さま向けのソリューションを「かんたん位置情報サービス」として提供しています。

また別の例では、日本人にとって身近な存在である、日本酒や焼酎の醸造にもIoTが使われています。たとえば、ドコモが提供しているクラウド型統合温湿度監視・記録システム「ACALA MESH」を使うと、設備内に設置した温度・湿度センサーからのデータをリアルタイムにクラウドに集めて、パソコンなどのブラウザ上でグラフィカルに表示させることができます。このように、設備内の温度・湿度を可視化するIoTソリューションが、杜氏(とうじ)の人材不足・後継者不足を解消する一手として活躍しはじめているのです。

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • line

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

ドコモ・コーポレートインフォメーションセンター

0120-808-539

携帯電話・PHS OK

受付時間:平日午前9時~午後6時(土・日・祝日・年末年始を除く)

  • 海外からはご利用になれません。

このページのトップへ