ビジネス ニュース

ビジネスに役立つ情報が満載!「コラム」「漫画で見る」コンテンツを公開中!

会社のパソコンを自宅から操作するには?

2019年6月6日

会社のパソコンを自宅から操作するには?

  • facebook
  • twitter
  • line

帰宅直後に見積書の変更依頼が…

ドコモでは、法人のお客さまのさまざまな課題を解決するICTソリューションをご提供しています。

その営業活動を展開するなかで、お客さまの「こんなことが解決できないか?」「実は、こんなことがしたいんだけど」といったお声をよく耳にします。

そうしたご要望を叶えたり、課題を解決したりする方法をご紹介するのが、この連載です。

今回は、「社員の情報共有やスケジュール共有をもっと楽にしたい」という課題の解決策をご紹介します。まずは、ドコモ営業担当のもとに寄せられた、お客さまのお悩みからご覧ください。次節で、その解決法をご紹介します。

■お客さまからのご相談

「先日の夜、部下の営業担当Aくんから電話がかかってきて、『これから会社に戻って仕事をしたいのですが、よろしいでしょうか』と許可を求められた。

理由を聞くと、Aくんが自宅に着くなり、お得意さまから電話がきて、夕方にAくんがメールで送った提案書と見積書の至急の修正を頼まれたそうだ。

ところが、その提案書・見積書は、会社のパソコンに保存してあって、家ではどうすることもできないという。

お得意さまからの至急の要望ということであったので許可はしたが、修正対応としては10分程度で済む作業をわざわざ会社に戻らないと対応できないのはとても非効率だと感じている。

以後、こんなことがないように、社員の自宅や外出先から、会社のパソコンを使えるようにしたいのだが、情報セキュリティをしっかりと確保しながら、手軽にそれが実現できる方法はないのだろうか?

もしも実現できれば今回のようなことだけでなく、災害や家族の急病などの不測の事態にも対応できるうえ、昨今話題になっているテレワークにも活用できるのではないかと考えているのだが…」。

解決策をドコモから

ご自宅や外出先から会社のパソコンを使いたい──。このご要望を叶える方法はいくつかあります。そのなかで、ドコモがおすすめしているソリューションは、「Splashtop Business Lite」の活用です。

Splashtop Business Liteは、手元にあるタブレットなどの端末から、インターネットを経由して、社内のパソコンにアクセスし、操作するためのサービスです。

ドコモのLTEサービスで、手元の端末と、会社のパソコンを接続することで、自宅でも、外主先からでも、スムーズに会社のパソコンが操作できます。情報漏えい対策も強固で、端末とパソコンとの通信内容は暗号化によってしっかりと守られています。

図:Splashtop Business Liteの全体イメージ

図:Splashtop Business Liteの全体イメージ

ドコモでは、このサービスを、法人のお客さま向けサービスである「ビジネスプラス」としてご提供しており、月額500円/アカウントでご利用になれます。

加えて、ドコモでは、Splashtop Business Liteのご利用に必要なタブレット、LTEなどの無線ネットワーク、そしてSplashtop Business Liteの導入から運用までを、トータルにサポートしています。

一方、お客さまがすべての社員に対して、家から会社のパソコンが使える環境を提供したいとのご要望をお持ちで、社員の方が相当数いらっしゃる場合は、「s-WorkSquare」もおすすめです。

こちらは、ドコモのセキュアなクラウド環境に、社員の方が使うパソコンのOSを集中的に配置して、社員の方がそれぞれ持つ端末から活用できるようにする「仮想デスクトップ」と呼ばれるソリューションです。

Splashtop Business Liteと同じように、インターネットに接続できる場所なら、どこからでも、仕事で使うパソコンの環境にアクセスできるようになります。ご関心がございましたら、ドコモの営業担当にご相談ください。

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • line

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

ドコモ・コーポレートインフォメーションセンター

0120-808-539

携帯電話・PHS OK

受付時間:平日午前9時~午後6時(土・日・祝日・年末年始を除く)

  • 海外からはご利用になれません。

このページのトップへ