ビジネス ニュース

ビジネスに役立つ情報が満載!「コラム」「漫画で見る」コンテンツを公開中!

中小企業の事業承継は誰に相談すべきか?

2021年6月18日

中小企業の事業承継は誰に相談すべきか?

  • facebook
  • twitter
  • line

事業承継を行う際には、株式の譲渡などに関する多くの手続きが必要です。更に、M&Aを考えるならば買い手を見つける必要もあり、自分だけでは対応できない問題が多く存在します。しかし、誰にでも気軽に相談できるというわけではないため、信頼できるパートナーの存在が欠かせません。ここでは、そのパートナーになりうるプレイヤーをご紹介していきます。


1.中小企業の事業承継の進め方

事業承継を行う際には、後継者との合意やさまざまな関係者への周知に加え、株式譲渡に関する手続きや税金対策など、多くの作業が必要になってきます。特に中小企業においては、経営者や社員のみでこれらの対応をすべて実施することは難しく、専門家のサポートを受けるケースが多いようです。また経営者の親族や自社の従業員ではなく、外部の第三者に承継する場合には、その買い手を見つける必要もあり、これも自社のみで行うのは難しいでしょう。

そのようなケースにおける相談先として、地方銀行や税理士、M&Aプラットフォーマーなどが存在しています。ここでは、それらの特徴を紹介していきます。

2.相談しやすい地元の地方銀行や税理士

経営者の身近な相談先としてまず考えられるのは、事業承継のサポートを打ち出している地方銀行や税理士です。

事業承継の相談を受け付けて承継先探しを支援する、あるいは承継のために必要な資金を融資するといった取り組みを積極的に行っている地方銀行も増えてきています。地方銀行に相談するメリットとしては、特に融資を受けている場合に自社の内情に即した形でアドバイスを受けられることが挙げられます。長年に渡って付き合いがあり、自社の事業についても理解している地方銀行であれば、適切なアドバイスを受けられる可能性が高く、スムーズに事業承継を進められるのではないでしょうか。

また税理士自身が事業承継をサポートしているケースもあるようです。特に自社の税務に関して支援を受けている税理士であれば、地方銀行と同様に自社のビジネスに即した形で適切なアドバイスを受けられるでしょう。しかし、すべての税理士がそのようなサポートを実施しているわけではないため、専門的な支援の可否については確認が必要になります。

3.事業承継・引継ぎ支援センターに相談する手も

誰かに相談したいが、身近に相談できる地方銀行や税理士などがいない場合、中小企業庁が各都道府県に設置している「事業承継・引継ぎ支援センター」に相談してみることも検討してみましょう。

事業承継・引継ぎ支援センターであれば、無料で相談に対応してもらえるほか、中小企業の事業承継に関して豊富な実績を持っていることも魅力です。

そのほかにも、現在さまざまな企業が事業承継に関する支援業務を行っています。もし身近に相談できる相手がいないのであれば、インターネットなどを利用して相談できるところを探してみましょう。

4.多くの買い手と売り手が集まるM&Aプラットフォーマー

親族や社内ではなく、第三者への承継を検討している場合であれば、インターネットなどを用いて買い手と売り手をマッチングする、M&Aプラットフォーマーの利用を検討してみましょう。

M&Aプラットフォーマーは、M&Aや事業承継に特化しているため、知見やノウハウが蓄積されているほか、インターネットを利用することで数多くの売り手や買い手とコミュニケーションできるメリットがあります。特に事業を買いたいと考えている人や企業から見ると、さまざまな売り案件にアプローチできることが大きな魅力となっています。こうして多くの買い手が集まっていれば、好条件で事業承継できる可能性が高まるでしょう。

M&Aプラットフォーマーによっては、専門家の紹介や事業承継に関わる手続きの支援など、事業承継をサポートするサービスを提供しています。このため、事業承継を考えているが誰に相談してよいのか分からないということであれば、頼りになる存在と言えるのではないでしょうか。

5.最適な専門家を紹介するドコモ「事業承継サポート」

ここまで、事業承継の相談相手となりえる地方銀行や税理士、M&Aプラットフォーマーの紹介をしてきましたが、実際に相談するとなるとどの専門家が最適なのか悩む方も多いのではないでしょうか。

ドコモでは、事業承継に関する悩みを気軽に無料(※)で相談することができる「事業承継サポート」を、広島県を中心とする地域でトライアル提供しています。このサービスでは「誰に相談したらいいかわからない」という方や「身近に相談できる人がいない」というような方に対して、提携する多くの専門家の中から最適な方をご紹介し、ご支援させていただきます。またドコモが保有するソリューションやビジネス面での知見を活用し、事業承継の前に必要となる企業価値の向上に向けた支援も含め、トータルサポートを行っています。

漠然としたお悩みや、そもそも何からはじめたら良いのかわからないというお悩みに対しても、経験豊富な専門家が寄り添って、最適な事業承継の方法を一緒に検討し、実現するまでサポートさせていただきます。

またこのサービスでは、M&Aや事業承継ありきではなく、廃業や経営改善といった可能性についてもきちんと検討する仕組みづくりが出来ているので、相談者が納得いただけるご提案をすることができます。今後の方向性が決まり、各専門家とのアドバイザリー契約を締結するまでは無料で何度でも相談することが可能です。無料相談の途中でも専門家の変更も可能となっています。

相談する時期が遅れれば、満足できる事業承継にならない可能性が十分にあります。事業承継に少しでも関心がある方は、一人で悩んだり、「いずれ、そのうち」と後回しにしたりせず、早いタイミングで動き出すことをお勧めします。

※ご相談後の紹介先専門家との間で締結したアドバイザリー契約については別途料金が必要となります。

事業承継を成功に導くための10個のステップ 事業承継を成功に導くための10個のステップ
  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • line

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

ドコモ・コーポレートインフォメーションセンター

0120-808-539

携帯電話・PHS OK

受付時間:平日午前9時~午後6時(土・日・祝日・年末年始を除く)

  • 海外からはご利用になれません。

このページのトップへ