dポイントの加盟店になってビジネスを加速させる dポイントの加盟店になってビジネスを加速させる

導入事例秋田キャッスルホテル様

宿泊も食事もポイント加算。
ホテル内の回遊性向上へ

1970年創業の『秋田キャッスルホテル』は、伝統と格式に培われたシティホテル。秋田県の企業で初めてdポイントを導入するなど、新しさも取り入れながら進化を続けています。

秋田キャッスルホテル様
お話を聞いた方 加藤いづみ氏 お話を聞いた方 坂田敏章氏
会社データ秋田キャッスルホテル 取扱い品目:宿泊、宴会、婚礼、レストラン、デリカ、バー
本社:秋田県秋田市
導入開始時期dポイント2017年11月~
きっかけ
dポイント導入前の課題は何でしたか?

『秋田キャッスルホテル』には、宿泊・レストラン・バー・デリカショップなど、さまざまなセクションがあります。店舗によって年齢層や性別など訪れるお客さまが異なるため、新商品の開発や店舗運営には店舗ごとのより正確な顧客データの取得や分析の必要性を感じていました。dポイントは、この課題を解決し今後の集客アップやリピーター獲得にも役立つと考え導入することにしました。さらに導入理由の二つ目が、顧客満足度の向上です。これまでホテル独自のポイントサービスを運用していませんでしたので、日頃からご利用くださっているお客さまへの付加価値としてdポイントへの加盟を決めました。

導入後
成果
dポイント導入後、変化はありましたか?

dポイントの利用が一番多いのは、パンやケーキを扱うデリカショップです。利用者のデータから40代~60代の女性客が多いと判明したので、新商品の開発や年間の施策を考える際にもターゲットを設定しやすくなりました。また新商品発表のタイミングに合わせて、dポイントカードの登録会を実施したこともあります。当日登録してくださった方には、300ポイントの特典付きカードを配布し、実際にデリカショップでポイント利用を体験していただきました。多くの方に登録いただき、新商品の周知にも効果が大きかったと思います。このイベントにはdポイントのキャラクター「ポインコ兄弟」も登場し、お客さまからもたいへん好評でした。

周知
工夫
dポイント導入の周知はどのように行いましたか?

dポイントの全国共通キャンペーンのほか、当ホテルオリジナルのキャンペーンやdポイントクラブ会員限定の宿泊プランなども展開しています。開催時にメールやアプリなどで告知していただけるのも、効果的であると考えています。さらに館内での周知に向けてご支援いただいたのが、販促ツールです。dポイントの赤いのぼり旗やポインコが大きく描かれたPOPは目立ちすぎるのではないかという声もありました。その一方で、加盟店であることをお客さまに広く訴求したいという思いもあります。そこでドコモ担当者に相談したところ、ホテルの雰囲気に合わせたデザインの販促ツールをご提案いただきました。こまやかな心づかいに感謝しております。

お客さま
の反応
お客さまの反応はいかがですか?

お客さま自身が気づかないうちに、ポイントがたまっていることが多いようです。お会計時に「ポイントつかえますよ」とご案内すると、たいへん喜ばれます。デリカショップでは、日々のお買物にもポイントがつかえますので、おトクを実感しやすいのではないかと思います。地域に根ざした当ホテルにとって、地元の方々の笑顔につながるサービスは大切にしていきたいです。また県外からの宿泊のお客さまに対しては、客室にdポイントカードやチラシを設置しています。ご滞在中に登録していただければ、宿泊分のポイントがたまるだけでなく、レストランなどでのご利用も可能です。多様な業態が集まるホテルの特性を生かし、回遊性の向上にもdポイントを活用していきたいと考えています。

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

ドコモ・コーポレートインフォメーションセンター

受付時間:平日午前9時~午後6時(土・日・祝日・年末年始を除く)

  • 海外からはご利用になれません。

このページのトップへ