dポイントの加盟店になってビジネスを加速させる dポイントの加盟店になってビジネスを加速させる

導入事例株式会社エムアンドケイ様

顧客の再来店と常連化を実現した
マーケティング施策を探る

株式会社エムアンドケイ様
お話を聞いた方 お話を聞いた方
会社データ株式会社エムアンドケイ
本社:石川県金沢市
導入開始時期dポイント2018年12月〜
きっかけ
金沢、能登の新鮮なネタを全国の回転寿司で提供

杉本昭彦氏(以下、杉本氏) エムアンドケイさんは、複数の飲食チェーン事業を展開されていますが、なかでも中心となっているのが、回転寿司の「金沢まいもん寿司」ですね。

萩原弘太郎氏(以下、萩原氏) はい。地元である金沢の3店舗のほか、関東エリアで6店舗、関西と東海で2店舗ずつ、福岡で1店舗、さらに海外初店舗として台北にも出店しています。

杉本氏 金沢まいもん寿司の特徴、売りはどのあたりでしょうか。

萩原氏 やはり、まずは北陸の新鮮な海の幸ですね。全国のお店で産地直送のネタを提供できるのは強みだと思っています。当社は寿司職人も自社で育成しており、付加価値の高い商品を提供しているという自負があるので、商品力を意識した1000円皿というものも提供しています。

杉本氏 客層はいかがですか。

萩原氏 金沢の3店舗は観光客がメインですが、全体的にはファミリー層が多いのが特徴です。付加価値を高めている分客単価はやや高めの設定なので、お孫さんが祖父母におねだりするとか、家族がそろってご利用いただくといったイメージが近いと思います。店舗づくりもそうしたおもてなしができるよう、加賀百万石を意識した豪華な内装になっています。

課題
はがきやDMは費用対効果が悪く断念

杉本氏 観光客やファミリー層がメインとのことですが、顧客管理などはやられていましたか。

萩原氏 100円のお食事ごとに1円相当のポイントがたまる「寿まいるカード」という独自のポイントカードシステムがありましたので、一応は顧客リストがあるといった状態でした。しかし、お客さまが記入された情報は紙ベースなので会員数が多くなると入力も大変ですし、住所・氏名では属性も分からないので活用の仕方が分からない。はがきやDMを送っていた時期もありますが、手間も膨大ですし、セグメントができていない状態でDMをただ送っても効果が薄かったため続きませんでした。

杉本氏 そうした課題があるなかで、どのような対策を考えられたのでしょうか。

萩原氏 顧客データを活用しきれていなかったポイントカードの刷新は、お客さまの固定化やリピート率のアップにつながるのではないかということで検討しました。


加賀百万石を連想させる豪華な店内で、
北陸の新鮮な海の幸を味わえる「金沢まいもん寿司」

導入後
成果
コストも手間もかけず集客と常連化を実現

杉本氏 ポイントカードの刷新ということで、dポイントを導入されたわけですね。一部店舗を除き従来の寿まいるカードは廃止にして切り替えたということですか。

萩原氏 そうです。導入当初は、金沢まいもん寿司オリジナルのdポイントカードも発行し、dポイントカードとdカードだけが対象でしたが、今はスマートフォンアプリのモバイルdポイントカードも使えるようになっています。

杉本氏 具体的にはどのように活用されていますか。

萩原氏 新規店舗のオープン時には、近隣のお客さまをセグメントした形で告知できたので、かなりの集客につながりました。また、ポイント2倍デーのようなキャンペーンの提案がドコモさんから定期的にあり、キャンペーン実施期間中は来店客数が上がります。

杉本氏 リピーター獲得についてはどのような施策を行っていますか。

萩原氏 2020年1月からファン育成プログラムという取組みを2つ実施しています。1つは休眠復活クーポンといって、前回の来店から61日以上が経過したお客さまを対象に、再来店時に5倍のポイントを進呈するというものです。もう1つはThanksクーポンといって、1カ月以内に再来店するとポイントが3倍になるというもの。来店の4日後に自動配信されますが、休眠復活クーポンで再来店されたお客さまにもお送りしています。


2020年1月から3月にかけて実施したファン育成プログラム。
休眠復活クーポンとThanksクーポンの2つを効果的に配信することで、定着率を高めている

杉本氏 それならお客さまもまた来ようという気持ちになりますね。

萩原氏 はい、休眠復活クーポンで2カ月以上ぶりに来店したお客さまのうちの3割が1カ月以内にまた来店されたので効果は絶大ですし、何といっても自動配信なので、人件費や手間もかかりません。現在は新型コロナウイルス感染症の影響で休止していますが、収束後には復活させたいと考えています。

杉本氏 コロナ禍で観光客が減っているからこそ、地元のお客さまに的確にリーチできるというメリットは大きいと感じました。本日はありがとうございました。

活用
工夫
コロナ禍でも代替企画で集客に貢献

直近の新規出店の際に出店エリアでの行動履歴のある会員を対象にdポイントを活用した対話型プロモーションを実施をしたところ、大きな反響があったとのことで、私どもとしても喜んでいます。

現在は来店を促すファン育成プログラムを休止せざるを得ない状況なので、おうちでスマイルキャンペーンといったテイクアウトを前面に打ち出したキャンペーンなどに力を入れています。これからもいろいろと一緒に取り組んでいければと思っています。


ドコモ北陸支社 法人営業部
津幡純子氏

dポイント概要

dポイント発行額が年間2600億円分(2020年)、保有額が1100億円分(20年12月時点)に上るdポイント。ためる/利用するという機能のほか、属性や購買行動、趣味嗜好など、質と量を備えた良質なデータをもとに顧客をセグメント化し、豊富な媒体を活用した的確なリーチで集客や常連化に貢献する。

株式会社エムアンドケイ www.mk-kanazawa.com

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

ドコモ・コーポレートインフォメーションセンター

0120-808-539

携帯電話・PHS OK

受付時間:平日午前9時~午後6時(土・日・祝日・年末年始を除く)

  • 海外からはご利用になれません。

このページのトップへ