教育現場でICTが大活躍中!学校×docomo
おすすめの活用シーン

#リモート授業

リモート授業でのICTの活用事例を紹介します。

宮城県本吉郡南三陸町教育委員会

宮城県本吉郡南三陸町教育委員会プレゼンテーションをゲストに中継し遠隔で交流

南三陸町立志津川中学校の3年生は、社会科の授業の一環で「南三陸×SDGs〜2030年の南三陸を描こう〜」をテーマに、町の課題を見つめ、未来に向けて有効な方策をSDGsの視点で考えてきました。6回にわたる授業のまとめとして、各グループがタブレットを手に考えた内容を盛り込んだスライドを投影してプレゼンテーション。
 国際的な認証を受けた森林管理とカキの養殖に着目した「南三陸杉」や「戸倉っこかき」のブランド知名度アップを図る広報や新商品作りなどの提案をはじめ、町の現状を踏まえた具体的な方策発表が続き、生徒のみなさんが真剣に課題と向き合う様子がうかがえました。
 また、ゲストに株式会社博報堂SYホールディングスでSDGs推進を担う川廷昌弘氏を迎え、東京の川廷氏と発表を中継するなど、授業全体でLTEタブレットならではの力が発揮されています。

熊本市教育委員会

熊本市教育委員会教師と生徒がつながる双方向の遠隔授業を実施

熊本市立北部中学校では、授業支援システムを活用した「健康観察の提出」とオンライン会議システムを活用した「遠隔授業」に取組んでいます。生徒たちは朝9時までに、その日の健康状態や好きなメッセージを書き込んで教師に送ります。
 遠隔授業では、中2理科で天気の学習を実施。教師2人が授業進行と生徒の進捗確認に分わかれて進めました。まず基本内容について、教師が板書のスライドを生徒たちの画面に共有しながら説明。教師が「ここの前線に気をつけて」とマークすれば、同じように生徒の画面にも反映されます。
 続いて、授業支援システムを活用して天気図が配信され、自分で気圧配置を考える学習へ。生徒たちは、わかった人は「青」、わからない人は「赤」で意思表示し、教師たちは全員の作業を手元のタブレットで確認します。 最後は回答を発表する生徒の画面を全員で共有し、意見交換をして終わりました。

#課題解決型学習

児童・生徒が自ら問題を発見し解決するために、ICTがどのように用いられているのかをご紹介します。

筑紫女学園高等学校

筑紫女学園高等学校論理的構成力と科学的検証力を育てる探求学習

2020年度に新設した「I類 医進コース」では、医・歯・獣医学部をめざす生徒たちが日々探求的な学習に取組んでいます。生徒が自ら疑問に思うテーマを掘り下げて論じ、科学的に検証する経験を重ねることこそ学びに向かう力につながるという考えのもと、1年かけて論文を仕上げる「医進探求」と、実験や調査データから科学的考察を行う「サイエンス探求」それぞれのコースのすべてのステップでタブレットを活用しています。
 取組んだ生徒からは「与えられたテーマではなくて自分が興味を持ったことを調べられるのがうれしい」「質問がどんどん出てきて自分で解決方法を考えていくのが面白い」といった声が聞かれ、学びへ向かう『志』が育まれています。

ヴォーリズ学園近江兄弟社中学校

ヴォーリズ学園近江兄弟社中学校今まさに直面する新型コロナ報道を題材に活きた探求学習を

中学1年生は探究学習として新聞を活用したNIE*をグループ学習形式で行っています。新型コロナを題材に、新聞の報道状況を調べた上で、生徒一人1人が世界中の異なる国を1つずつ担当し、統計データを使って感染状況を日本と比較してレポートをまとめました。資料として京都新聞から1月以降半年分の朝刊1面の提供を受け、生徒にデータ化して共有しています。ICT担当の大門耕平教諭は「大量の紙面を紙で配布するのは非現実的で、デジタルだからこそ可能でした」と膨大な情報を扱えるメリットをあげます。
 また、世界の国別感染者数の推移は統計データを共有し、生徒が表計算アプリで開いて自分の担当する国の数値を検証しました。グラフを作成するようなデータの加工や、発表資料の作成なども、一人1台のタブレット環境のおかげでとてもスムーズに行えます。

#授業効率化

ICTの利活用によって、授業の効率化を達成した取組みをご紹介します。

札幌日本大学学園

札幌日本大学学園授業の効率アップが授業デザインの工夫につながる

生徒が提出した実験報告を授業後すぐに教員のタブレットから確認できるメリットを活かし、提出物のやりとり、小テストなどをタブレットで行うようになりました。回収やチェックの手間を3~4割削減し、その分、授業づくりのために新しい情報を調べ勉強して工夫する時間を持てるようになりました。
 生徒たちはタブレットを使うようになって、レポート作成中に画面をのぞきあって気軽に意見を交わすなどオープンなコミュニケーションが増えました。授業でほかの生徒の制作物を見る機会が増え、刺激を受けて自分のレポートをブラッシュアップする積極的な姿もあります。また、情報共有ツールに課題の提出日が表示される効果で、締め切りを守る自己管理力を身に着けることもできています。

学校法人桐蔭学園

学校法人桐蔭学園LTEタブレットで学びの選択肢を広げ、アクティブラーニング型授業の推進へ

アクティブラーニングを重要視する桐蔭学園では、タブレットで授業を効率化し、協働学習の時間を創出しています。ICTを活用することで板書を書く作業を減らし、空いた時間で生徒のアウトプットを増やす活動が増え、授業に対する満足度も上がっています。
 生徒たちのアウトプットを増やし、探究学習を行うなかで、どうすれば自分たちの調べた内容が相手に伝わるのか、キーワードや写真の見せ方を自発的に工夫しながらまとめ、発表する力を身に着けています。ICTの活用で生徒たちの多様な表現を引き出され、学びの充実が図られています。

お問い合わせ

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステム社から無償提供されている Adobe®︎ Reader®︎ プラグインが必要です。「Adobe®︎ Reader®︎」でご覧になる場合は、バージョン10以降をご利用ください。

このページのトップへ