次の100年を見据えた
発展の“礎”──
熊本市が挑む
大規模
教育ICTプロジェクト

熊本市 Kumamoto City
熊本県熊本市による大規模な教育ICTプロジェクトが
2018年9月から本格的にスタートしました。
プロジェクトを推進するにあたり、
教育の未来を築くためのソリューションとして、
熊本市が選んだのがドコモの教育ICTソリューションと
iPadです。プロジェクトのために23,460台のiPadの
導入が着々と進められ、ドコモの安定したネットワークと
教育ICTのソリューションが、熊本市の挑戦を支えています。
この大規模なプロジェクトが、なぜはじまり、どこへ向かうのか。
本スペシャルページで詳しくお伝えしていきます。

Interview Vol.1ICTに教育の未来を託して

Movie 熊本市教育ICTを導入決定

Movie 熊本市教育ICTを導入決定

Story01 本格始動!熊本市が挑む大規模な教育ICTプロジェクト

Story01

本格始動!熊本市が挑む
大規模な教育ICTプロジェクト

ICTのより積極的な活用を求める文部科学省の『新学習指導要領』──。
その実施が2020年4月に迫る中、
熊本市は市内の公立小中学校134校・生徒数約6万人を対象にした、
大規模なICT教育プロジェクトを本格始動させました。
熊本市の公立小中学校における教育ICT環境の整備レベルは、
政令指定都市20市中19番目という低い水準にありました。
それを一気に政令指定都市のトップへと押し上げ、
子どもたちの将来に資する教育環境を整える――
これが、今回の熊本市の挑戦です。

Story02

Story02 ドコモの教育ICTソリューションを選択

ドコモの教育ICTソリューションを選択

23,460台のiPadを導入へ
教育ICTの水準を政令指定都市最高レベルへと押し上げ、
“新たな学び”を築き上げるために、
熊本市は、ドコモの教育ICTソリューションを選択し、2020年までにiPadを
23,460台導入する決断を下しました。
同市は、機器導入の作業を進めながら、安定したドコモのLTEネットワークのもとで、
ICTによる教育の変革に取組んでいます。
この教育ICTプロジェクトは、極めて大規模。
だからこそ、熊本市はiPadとドコモのソリューションに大きな期待をかけています。

Story03

Story03 なぜiPad、なぜドコモ

なぜiPad、なぜドコモ

iPadは基本機能、操作性、セキュリティに優れ直感的に使える上、
純正アプリも充実。
子どもたちにとって、新しい学びに適した道具はiPadが最適でした。
ドコモは教育分野での課題解決を重点テーマの一つに掲げ、
教育ICTにおけるネットワーク品質の向上から機器導入の支援はもちろんのこと、
現場の負担を減らす機器管理運用や導入後の教育研修・利活用の促進まで、
地域の教育ICTをトータルにサポートしています。
iPadとドコモの安定したLTEネットワーク、高品質なサポートによって、
新しい学びのための確かな礎(いしずえ)を築き、未来へと発展させていく──。
熊本市の選択と戦略は、ICTによる教育現場での変革と成果へとつながっています。

Contact

Contact

メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

ドコモ・コーポレートインフォメーションセンター

0120-808539

携帯電話・PHS OK

受付時間:平日午前9時~午後6時(土・日・祝日・年末年始を除く)※海外からはご利用になれません。