IoTとは?

IoTとはInternet of Thingsの略で、一般的には「モノのインターネット」と訳されます。

身の回りのさまざまなモノやヒトに組み込まれたセンサーやデバイスなどをネットワークで接続し、得られたデータから新たな価値を創り出す仕組みを指します。

IoTの急速な普及により、ネットワークに接続されるモノは加速度的に増え続けており、これまでは見ることができなかったデータの取得や蓄積ができるようになっています。

IoTとは?

IoTが創る“新たな価値”

新たに可視化されることで、これまでは難しかった遠隔での監視や制御などが可能となり、さまざまな事象を把握し、最適なアクションを起こせるようになりました。

また、データを分析して知見を蓄積することで、近い将来の事象を予知・予測して事前に対処し、生産性を飛躍的に高めることもできるように。

さらには、発見の積み重ねや知見の広がりを通してさまざまな分野で新しいビジネスやサービスを生み出し、暮らしの“新たな価値”を創出しています。

IoTが創る“新たな価値”

「ドコモのIoT」がめざす明日

高齢化による人口や労働力の減少、働き方改革や地方創生。現代社会を取り巻くさまざまな課題をIoTの活用で解決し、一人ひとりがより豊かな生活を送ることができる社会の実現をめざしています。

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

ドコモ・コーポレートインフォメーションセンター

0120-808-539

携帯電話・PHS OK

受付時間:平日午前9時~午後6時(土・日・祝日・年末年始を除く)

  • 海外からはご利用になれません。

このページのトップへ