こんなトコロに、IoT

じんそく・あんてい・かんたん・しんか

AI(人工知能)の活用で築く、
クルマとヒトのより良い関係

クルマとのくらしにドコモのIoT

現代の重要な移動手段である自動車。ドコモのIoTはAIの技術を活用し、需要と供給をマッチングさせたスムーズな移動や生産性向上によるドライバー不足解消、より快適なモビリティ空間の提供など、クルマとヒトがより良い関係を築ける社会をめざしています。

AI×モビリティイメージイラスト

Fast! 人が集まっている場所を
じんそくにドライバーへ配信

たとえば、コンサートやスポーツイベントが開催されたり、電車が事故でストップしたり。普段と違ったことが起きて会場周辺や駅が混雑することがあります。

そんなとき、いつもとは違った場所での突発的な乗車需要がわかればとても便利です。リアルタイムの人の流れやタクシーの運行データ、さらには気象や施設のデータなどをAIが分析して需要を予測。人が集まっている場所などの情報をドライバーへ配信するので、お客さまの短い待ち時間での乗車や、それに伴う満足度の向上が期待できます。

Stability! ドライバーの
あんていした働き方に

たとえば新人のタクシードライバーは、知識や経験が豊富なベテランドライバーに比べると、効率的な運行が難しいかもしれません。けれどAIによる的確な需要予測で実車率の底上げができれば、あんていした運行や働き方が見込めます。ひいては離職率の低下や新たなドライバー確保につながり、社会課題でもあるドライバー不足解消に役立ちます。

Easy! 自然な対話で
かんたんに操作

たとえば、クルマを運転していて急に行先を変更したくなった場合、運転をしながら車載器を操作することは危険がともないます。幹線道路や高速道路であれば、駐車するにも時間がかかります。

そんなとき、クルマに話しかけるだけでかんたんに行先変更できればとても便利。さらに、お客さまの趣味嗜好にあわせて対話を楽しんだり、天気や施設、ニュースやエンタメなどの各種コンテンツ配信をすることも。わずらわしい操作から解放された、あんぜんで楽しいドライブを提供できます。

Evolution! お客さまに寄り添って
しんかするエージェント

これまで、お客さまとの接点は車載器のみでしたが、これからはスマホなどから、さまざまなシーンでのコミュニケーションが可能に。いつでもお客さまに寄り添うエージェントとして進化し、一人ひとりにあわせたサービスを提供できます。また、クルマを起点にこれまで把握できなかった日常の行動を学習することで、新たな価値をもったビジネスの創出も期待できます。

Other Scene

ほかにもこんなトコロに、IoT

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

ドコモ・コーポレートインフォメーションセンター

0120-808-539

携帯電話・PHS OK

受付時間:平日午前9時~午後6時(土・日・祝日・年末年始を除く)

  • 海外からはご利用になれません。

このページのトップへ