こんなトコロに、IoT

あんしん・あんぜん・べんり

ドライブレコーダーではじまる
クルマ管理の新しいカタチ

はたらくクルマにドコモのIoT

車両管理と一口に言っても、その業務は車両自体の管理はもちろん、ドライバーへの運転指導やお客さまからのお問い合わせ対応など多岐にわたります。ドコモはドライブレコーダーにIoTをプラスすることで、ビジネスで活躍するクルマをあんしん・あんぜん・べんりなものに変えていきます。

IoTドライブレコーダーイメージイラスト

Relief! 双方向コミュニケーションで
あんしんのドライブを提供

たとえばレンタカーやカーリース。お客さまによって行先も利用時間もバラバラで管理が大変。さらに渋滞による返却時間の遅れや、万一の事故も心配。

そんなとき、ドライブレコーダーを通じてドライバーとコミュニケーションがとれれば、返却時間の通知や万一の際の連絡などもスムーズに行なえます。メッセージの表示だけでなく音声でも読み上げるので、運転中でもあんぜんにお客さまとコミュニケーションをとることが可能。あんしん・あんぜんにドライブをお楽しみいただけます。

Safety! 社員の運転を診断して
クセを把握
あんぜんな運転に役立てる

たとえば営業車。ヒヤリハットのような危険なタイミングだけでなく、普段の運転のクセを数値化。社員への的確なアドバイスができるので、日常から安全運転意識を高めることができ、急発進や急ブレーキなどを減らすことで燃費向上も期待できます。また、何より万一の事故リスクから、社員の方々を守ることが可能になります。

Convenience! いつでも現在地がわかる
べんりな運行管理

たとえば配送業では、届ける場所はもちろん時間も重要になりますが、渋滞などによる遅れでお問い合わせをいただくことはよくあることです。

そんなとき、運行中の車両がどこを走っているかがリアルタイムにわかれば、後どのくらいで届けることができるのかをスピーディーに回答できるようになります。集荷依頼でも、近くの車両を迅速に確認して効率的な運行指示が出せるので、ドライバーに負担をかけることなく、お客さまに喜んでいただけます。

Other Scene

ほかにもこんなトコロに、IoT

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

ドコモ・コーポレートインフォメーションセンター

0120-808-539

携帯電話・PHS OK

受付時間:平日午前9時~午後6時(土・日・祝日・年末年始を除く)

  • 海外からはご利用になれません。

このページのトップへ