NEXT COMMUNICATION FORUM 2012

NEXT COMMUNICATION FORUM 2012

2013年1月12日(土曜)、NEXT COMMUNICATION AWARD 2012 最終審査会・表彰式が開催され以下の作品がグランプリに決定いたしました!

デコメ絵文字pop®企画部門

募集内容

デコメ絵文字pop®のメールテンプレートアイデア

協賛

株式会社デジタルレイ

テーマ

もらった人が笑顔になるデコメ

グランプリ

サボッてん

サボッてん
名前 学校名
柴田 雄太 専門学校HAL名古屋

サボっているサボテンに水をかけてビックリ!勉強やサークルやバイトなど、「サボってる人」をやんわり注意したい時に最適なデコメ。きっと送られた人はサボテン同様「ヒヤッ」っとするでしょう!

敢闘賞

脱走パン

脱走パン
脱走パン
名前 学校名
奥村 沙也 椙山女学園大学

友達や恋人を遊びに誘う時に「家から出て遊ぼう!」というメッセージを、脱走するパンで表現。コミカルなアニメーションで脱走したパンが送った相手を外へ連れ出します!

にごす

にごす
にごす
名前 学校名
稲垣 理美 名古屋大学

「嫌い」とか「疲れた」とか「つらい」など、ネガティブな言葉に反応して「ほんとはそんなことないよ」という逆のメッセージでホっとしてもらう。どこかで平和であたたかいHAPPYな気持ちになるデコメ絵文字pop。

パンダと頑張ろう

パンダと頑張ろう
パンダと頑張ろう
名前 学校名
足立 爽華 名古屋工学院専門学校

友達を元気づける為に画面の左右を走るパンダ。途中で転んでもまた走りだす必死な姿は逆に応援したくなり、くよくよ悩んでた事を忘れさせてくれます。

入賞作品

入賞作品
作品タイトル 名前 学校名
あのね・・・えっとね・・・ 小山 友理 愛知県立大学
いっしょに飲もう!! 松井 祐太 専門学校HAL名古屋
お誕生日おめでとう 高瀬 はづき 椙山女学園大学
おめでとう 林 真理奈 愛知淑徳大学
おめでとう! 豊嶋 真未 名古屋大学
記念日メール 戸塚 衣美 愛知県立大学
ここに注目して。 山本 琢登 名古屋文理大学
THANK YOU FLOWER 氏田 有美 椙山女学園大学
消灯 木下 健太郎 トライデント・コンピュータ専門学校
土下座ピラミット 井原 駿 名古屋情報メディア専門学校
友達や恋人 山下 祐佳 名古屋文理大学
Nice to meet YOU!! 村上 知希 トライデント・コンピュータ専門学校
伊藤 由紀 名古屋文理大学
ハートへ届けるハートのハート 市川 貴大 愛知県立大学
HAPPY BIRTHDAY 伊藤 沙也加 愛知県立大学
本気の謝罪 青木 唯 愛知淑徳大学

グランプリ、敢闘賞、入賞作品はデコメ絵文字popサイト「デコバンビ」にて配信されました。
別ウインドウが開きますデコバンビウェブサイト

アプリ部門

募集内容

AndroidTMOSで動作するアプリケーション

テーマ

毎日がもっとHAPPYになるアプリ

グランプリ

ペン習字アプリ もじもじなぞりずむん♪

ペン習字アプリ もじもじなぞりずむん♪
代表者 学校名
磯部 左弥花 中京大学

“もじ”がなかなか上達せず“もじもじ”している人が、お手本の字を“なぞ”る際に運筆“りずむ”を意識して練習することにより、短時間で字の上達が可能となるペン習字アプリ。画面上に表示されるガイド(円)のスピードにあわせて文字をなぞる事で、リズムを意識し、ただ形をなぞる時よりも、はるかに効率よく上達することができます。また、画面の小さいスマートフォンでは文字をなぞる指で画面が隠れてしまうという弱点を、ガイドに運筆速度に反比例して大きくなる円を採用することで克服。お手本となる書体も「フォーマルな字」以外にラブレターなどに使える「カジュアルな字」も用意し、より幅広いシーンで活用できるアプリを目指しました。

準グランプリ

Website Structures

Website Structures
代表者 学校名
山崎 雅仁 愛知工業大学

HTMLを楽しく学べるシリアスゲーム。二人で対戦するカードゲームで、お互いカードに書かれたHTMLタグを適切に組み合わせることでWEBページが出来上がり、その完成度を競います。進行はターン制で、不要な手札を切ったり、相手と交換したりする行為を5ターン繰り返すことでWEBページが完成。出来上がったWEBページは規定の点数で集計され、より得点の高い方が勝利となります。また、完成したソースコードはSDカードに保存でき、実際にWEBサーバーにアップロードすることも出来ます。ややこしいHTMLの構文を、ゲームを使って覚えて行く事で、簡単に楽しくWEBサイト構築を学ぶ事ができます。

敢闘賞

まっぽけ

まなこれ
代表者 学校名
小栗 豊大 東海職業能力開発大学校

歩数と消費カロリーを計測して記録する万歩計アプリに、何か残せないかと思い、写真も記録できる機能を追加しました。使い方は簡単で、最初に性別や体型などの情報を設定し、あとはアプリを立ち上げて歩くだけ。途中、写真に残したい風景などあれば、そのままアプリからパシャリ!撮った写真はコメントと一緒に地図上に保存できるから、後で見返した時に、よりリアルにその時の事を思い出せるのも特徴です。また、アプリ名の「まっぽけ」とは、万歩計とマップをポケットで持ち歩くことから名付けました。このアプリを使うことで、毎日の散歩とその記録を見るのが楽しみになれば良いなと思い制作しました。

入賞作品

入賞作品
作品タイトル 名前 学校名
おねこの軍団クエスト 前田 恵美 名古屋文理大学
ジョシリョクぁげぁげ大作戦! 岡村 健司 愛知淑徳大学
Stage_0 服部 美枝 鈴鹿工業高等専門学校
バースデーメールジェネレーター 日吉 洋介 名城大学
目覚まし時計プラス 田辺 良之 東海職業能力開発大学校

スマートフォンサイト部門

募集内容

HTML5で制作したスマートフォンサイト

協賛

株式会社コメダ

テーマ

コメダ珈琲店の魅力が伝わる公式ホームページ

グランプリ

日替わりおすすめメニューとお勘定計算

APUり隊(あぷりたい)
代表者 学校名
福田 龍 愛知工業大学

サイトと店舗の両方のリピーター獲得を意識したスマートフォンサイトにしました。スペシャルコンテンツの「日替わりおすすめメニュー」は日付を元に算出した1日1種類のメニューを割引クーポンとして配信。日替わりだから毎日サイトをチェックされるし、クーポンなので来店にもつながります。もう一つのスペシャルコンテンツ「お勘定計算」は注文したメニューの合計金額をその場で計算。しかも割り勘金額まで算出でき実用性が高いので、来店時にたくさんの人に見てもらえると思います。また、店舗検索にはHTML5のGeolocationAPIによる現在地検索はもちろん、店舗情報をデータベース化し、それをphpで制御してます。さらに、メニュー情報に関してもデータベース化しているため、今後メニューの改訂や新店舗の追加など更新性を見据えた設計になってます。これら、実用性の高いスマートフォンサイトで、コメダの魅力を伝えます。

準グランプリ

コメダの「心」を伝える

コメダの「心」を伝える
代表者 学校名
辻井 望 名古屋情報メディア専門学校

サイトのコンセプトとして「シンプルで見やすく、コメダらしいサイト」を立案。しかし、コメダらしさがわからなかった私達は、毎週コメダに通って調査し「コメダらしさ」をサイトの随所に配置しました。(1)まず、店内で印象的だった「レンガ」をデザインに組み込み、あたたかさをだしました。(2)次に、「心地よい独自のくつろげる雰囲気」をトップページのキャッチコピーで表現。(3)そして最も感動した「コメダの心配り」をスペシャルコンテンツにしました。言葉ではなかなか伝わりにくい事を「4コマ漫画」にする事で、わかり易く楽しく伝わるように工夫しました。 大型フランチャイズ店で、一見マニュアル化されているかと思いきや、常連の好みを早くから覚えて配慮されている点など、隅々まで行き届いたサービスを「コメダの心」として伝えるサイトを制作しました。

敢闘賞

きっとあなたも来たくなる!コメダ珈琲店

きっとあなたも来たくなる!コメダ珈琲店
代表者 学校名
細江 成洋 名古屋大学大学院

全体的にスマートフォンサイトとして最適化されたインターフェースの設計を行ないました。トップページではメイン画像をスライドショー&フリックで操作したり、ページ切替時には、フェードイン・アウトするなど、ダイナミックな動きを多く取り入れました。また、店舗検索ではHTML5のGeolocationAPIを活用した「現在地からの検索」と「店舗名で検索」できる機能を実装。さらに現在地から目標店舗までのルート検索も画面内で行なえるのも特徴です。そして、スペシャルコンテンツの「コメダの豆知識」は実際の店舗を訪問して、常連客でも知らないようなマニアックな情報を入手。コンテンツとして掲載することで、誰でも楽しめる内容にし、コメダに行った事がある人も、まだない人も、コメダに来たくなるような、スマートフォンサイトを目指しました。

入賞作品

優秀賞
作品タイトル 名前 学校名
おえかきコメダ! 伊東 順也 名古屋文理大学
コメダのメニュー新発見 水上 貴晶 愛知工業大学
Sinple Is Best 太田 尚希 浜松情報専門学校
全年代に需要のある HP 高橋 壮汰 愛知県立大学
僕たちのコメダ 長谷川 陽一 愛知県立大学大学院

  • 「Android」は、Google Inc.の商標です。
このページのトップへ