ギガプラン上限設定オプション

5G Xi(クロッシィ)

「毎月のご利用料金を節約したい」「子どもの使い過ぎが心配」と思ったことはありませんか?
「ギガプラン上限設定オプション」を利用すると、「5Gギガライト」または「ギガライト」のお好きなステップで速度制限をかけられます。通常速度での利用データ量の上限を設定できるので、使うデータ量がわからなくて不安な方も、あんしんしてご利用になれます。

対象料金プラン

5G対応プラン

Xi(クロッシィ)対応プラン

  • 2019年10月1日以降にご契約の方が対象です。2019年9月30日以前に「ギガライト」をご契約された方(表示されるプラン名が「ギガライト」の方)は、「ギガライト2」へプラン変更することでギガプラン上限設定オプションの対象となります。

データ量の使い過ぎを防止

「5Gギガライト」または「ギガライト」のお好きなステップで、通常速度での利用可能データ量の上限を設定可能です。上限設定をすることで指定したステップの上限を超える通信が発生した際に、自動で速度制限がかかり、ご請求が指定したステップの料金のみとなります。
毎月のご利用料金の節約や、お子さまのスマホの使いすぎを防ぐことができるので、スマホをあんしん、便利にご利用になれます。

  • 「新規契約」および現在設定中のステップから下位のステップへの変更は、お申込みされた当月はご利用になれません。
  • 「ギガプラン上限設定オプション」は廃止のお申出がない限り、翌月以降も継続されます。

「ギガライト」ご契約の場合のご利用イメージ

ギガプラン上限設定オプションを申込みした場合のイメージ図ギガプラン上限設定オプションを申込みした場合のイメージ図
  • 「ドコモのロング学割」が適用となる場合、「+2GB特典」が「ギガライト」のステップ1(〜1GBまで)の前に適用され、ステップ変動タイミングは、上記記載のデータ量とは異なります。(「ドコモのロング学割」は2021年5月31日(月曜)をもって、新規受付を終了させていただきました)

ギガプラン上限設定オプションの設定状態確認方法

ギガプラン上限設定オプションの申込状況は、ドコモショップやドコモ インフォメーションセンターではご確認できず、お客さまご自身でMy docomoよりご確認いただく必要がございます。確認方法について、詳しくは下記PDFファイルをご確認ください。

ギガプラン上限設定オプション 設定状態確認方法(WEB)(PDF形式:607KB)PDF

ご利用データ量の確認方法

データ量到達通知サービス

ご利用のデータ量がドコモが指定したデータ量に近づくと、メールで知らせてくれるサービスです。当月利用のデータ量を知りたい時に役立ちます。

データ量到達通知サービス

My docomo

My docomoで毎月の料金・データ量(当月・3日間・前月)など、ご自身のご契約内容の確認ができます。

My docomo(データ量)別ウインドウが開きます

ご注意事項

  • 「新規契約」および現在設定中のステップから下位のステップへの変更は、お申込みされた当月はご利用になれません。
  • お申込み時のメール通知は行いません(「データ量到達通知サービス」をお申込みの場合は設定したステップの上限到達時および上限の200MB手前に到達した時点でメールでお知らせします)。
  • データ量上限に到達し、速度制限がかかった場合、「ギガプラン上限設定オプション」の廃止または上位のステップへの変更により速度制限解除が可能です。
  • 利用データ量が設定したステップの上限に到達したことを当社が確認できた時点で、該当の回線は当月末まで速度制限がかかります。確認時点で実際の利用データ量が設定したステップの上限を超過していた場合も、「ギガプラン上限設定オプション」の設定を変更しない限り、設定したステップの月額料金に基づいた請求となります。
  • 「ギガプラン上限設定オプション」をお申込みしたまま、対象外料金プランへ変更し、再度対象料金プランへ変更した場合は、「ギガプラン上限設定オプション」のお申込みを引継ぎます。
  • 「ギガプラン上限設定オプション」の詳細については、「提供条件書」をご確認ください。

こちらもおすすめ

1GB追加オプション

利用可能データ量を超過した場合に、利用できるデータ量を1GBあたり1,100円(税込)ずつ、いつでも追加できるサービスです。


  • Get Adobe Acrobat Reader

    PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されている
    別ウインドウが開きますAdobe® Reader®プラグインが必要です。「Adobe® Acrobat®」でご覧になる場合は、バージョン10以降をご利用ください。

このページのトップへ