ドコモの中期取組み

ドコモは、2017年4月に新たな中期戦略2020「beyond宣言」を策定、2018年10月に「中期経営戦略」として、「beyond宣言」の実現に向けた取組みと中期目標について発表しました。

中期戦略2020「beyond宣言」

2020年のさらにその先を見据え、ビジネスパートナーのみなさまとともにお客さまの期待を超えることにより、お客さまへの驚きと感動の提供、パートナーとの新しい価値の協創の実現をめざします。そのために、これまでの自分自身が変わり、5Gで豊かな未来を作っていく、という意味をbeyondに込めました。
お客さまには、お得や便利、そして、楽しさ・驚き、満足・安心といった価値や感動を、パートナーのみなさまとは、「+d」の取組みを通じて産業への貢献、社会課題の解決、そして商流拡大といった新しい価値の協創を、実現していきます。

beyond 〜想いをつなげ 5Gでより豊かな未来へ〜 お客さまへの価値・感動(お得・便利、楽しさ・驚き、満足・安心)やパートナーとの価値・協創(+d 産業への貢献、社会課題解決 地方創生、商流拡大)を5Gでつなぐbeyond 〜想いをつなげ 5Gでより豊かな未来へ〜 お客さまへの価値・感動(お得・便利、楽しさ・驚き、満足・安心)やパートナーとの価値・協創(+d 産業への貢献、社会課題解決 地方創生、商流拡大)を5Gでつなぐ

6つの「beyond宣言」

その実現に向けた取組みとして「beyond宣言」を定めました。
「beyond宣言」は、お客さまへの3つの宣言(宣言1〜3)、パートナーへの3つの宣言(宣言4〜6)の6つの宣言です。

『beyond宣言』宣言1:お得・便利が見えるマーケットリーダー宣言。宣言2:一人ひとりの豊かなスタイル革新宣言。宣言3:いつでも身近な安心快適サポート宣言。宣言4:5Gでともにを革新する産業創出宣言。宣言5:社会課題を解決するソリューション協創宣言。宣言6:ビジネスプラットフォームによるパートナー商流拡大宣言。『beyond宣言』宣言1:お得・便利が見えるマーケットリーダー宣言。宣言2:一人ひとりの豊かなスタイル革新宣言。宣言3:いつでも身近な安心快適サポート宣言。宣言4:5Gでともにを革新する産業創出宣言。宣言5:社会課題を解決するソリューション協創宣言。宣言6:ビジネスプラットフォームによるパートナー商流拡大宣言。

宣言1 マーケットリーダー宣言

サービス、料金、ポイントの融合、進化により、お得・便利を先導するマーケットリーダーをめざします。

宣言2 スタイル革新宣言

5Gの特徴とVRやAI、IoTなどの技術を活用し、お客さまのさまざまなスタイルを革新する、楽しさ、驚きのあるサービスを創り出していきます。
実現に向け、「empower+d challenge(エンパワードチャレンジ)」という全社プロジェクトで9つのチャレンジを推進します。

  • 体感革新:「新エンタメ体験」「次世代モビリティ」「シェアリング」
  • ライフスタイル革新:「AIエージェント」「FinTech」「トータルヘルスケア」
  • ワークスタイル革新:「ドローンロボティクス」「ワークイノベーション」「ワークマッチング」

宣言3 安心快適サポート宣言

満足・安心と感じていただけるお客様サポートに向けて、AIを活用しお客さま接点を進化させます。

宣言4 産業創出宣言

高速大容量で、低遅延、そして多数の端末と接続できるネットワークである5Gの活用を通じて、パートナーのビジネスの可能性を広げ、日本中のあらゆる産業のさらなる発展をめざします。

宣言5 ソリューション協創宣言

日本の成長と豊かな社会の実現をめざして、「+d」の取組みをさらに推進し、社会課題の解決に取組みます。

宣言6 パートナー商流拡大宣言

ドコモのアセットを活用したビジネスプラットフォームをさらに成長、進化させることで、パートナーのビジネスを支え、商流を拡大させる取組みを推進していきます。


ドコモは、「beyond宣言」の実行により事業構造を革新し、お客さま還元と成長投資で事業基盤を強化しつつ、5Gでさまざまな付加価値を融合、進化させることで成長し続けます。

PDF中期戦略2020「beyond宣言」(2017年4月発表)(PDF形式:4,479KB)

中期経営戦略

2020年代の持続的成長に向けた中期経営戦略の基本方針として、「会員を軸とした事業運営への変革」、「5Gの導入とビジネス創出」に舵を切ります。

会員を軸とした事業運営への変革、5Gの導入とビジネス創出:顧客基盤をベースとした収益機会創出は、顧客基盤の拡大と+dの推進、スマートライフビジネスの成長、法人ビジネスの成長。5Gによる成長は、5Gネットワークの構築、5Gサービス・ソリューションの創出。お客さま還元の実施とお客さま接点の進化は、おトクでシンプルな料金、待ち時間・応対時間の短縮。会員を軸とした事業運営への変革、5Gの導入とビジネス創出:顧客基盤をベースとした収益機会創出は、顧客基盤の拡大と+dの推進、スマートライフビジネスの成長、法人ビジネスの成長。5Gによる成長は、5Gネットワークの構築、5Gサービス・ソリューションの創出。お客さま還元の実施とお客さま接点の進化は、おトクでシンプルな料金、待ち時間・応対時間の短縮。

顧客基盤をベースとした収益機会創出

dポイント会員と法人パートナーの拡大に注力することで、会員数7,800万、法人パートナー数5,000社をめざします。
そして、その会員基盤と法人パートナーをドコモのアセットで結びつけることで、新しい価値を提供し、スマートライフビジネスと法人ビジネスなどの収益機会を創出します。

スマートライフビジネスにおける金融・決済事業では、dポイントやd払い、iDを利用できる場所を約90万から200万か所へ拡大させ、お客さまの利便性を向上させることで、取扱高6兆円をめざします。

法人ビジネスでは、お客さま、法人営業、研究開発部門が三位一体で連携した小規模チーム「トップガン」と「5Gオープンパートナープログラム」などの取組みにより、ソリューションを創出し、法人ソリューション収益1,200億円をめざします。

5Gによる成長

5Gネットワークを構築するため、2019年度から2023年度まで累計1兆円を投資し、2019年9月のプレサービス開始、2020年春の商用サービス開始をめざします。

5Gを利用したサービス・ソリューションでは、一般のお客さま向けに、スタジアムソリューションやVR・AR・MRなどの新体感サービス提供、法人向けには、幅広いパートナーと防災や遠隔医療などに取組み、社会や産業の発展に貢献します。

お客さま還元の実施とお客さま接点の進化

お客さまからの声にお応えし、おトクでシンプルな料金プランによるお客さま還元を実施します。

また、お客さまの快適な体験のために、料金プランのシンプル化、来店予約の拡大、説明方法の見直し、Web強化などに取組み、現状平均2時間超となっているドコモショップの待ち時間・応対時間を2019年度中に約半分にしていきます。

中期オペレーション指標

会員、パートナーを拡大させ、ご利用機会やビジネス導入の機会を創出し、ドコモ各事業の成長を実現します。未来に向けては、5G投資を積極的に行い、持続的な成長を実現します。

また、お客さまにはドコモを長くお使いいただけるよう、さらなるおトクと快適さをご提供します。

顧客基盤をベースとした収益機会創出(2021年度)
顧客基盤をベースとした収益機会創出(2021年度)
dポイントクラブ会員数 7,800万
法人パートナー数 5,000社
決済・ポイント利用可能箇所 200万か所
金融・決済取扱高 6兆円
法人ソリューション収益 1,200億円
5Gによる成長
5Gによる成長
5Gインフラ構築等投資額(2019~2023年度累計) 1兆円
お客さま接点の進化
お客さま接点の進化
待ち時間+応対時間(2019年度中) 現状の約半分に

財務目標

2021年度営業収益5兆円、2023年度には2017年度水準である営業利益9,900億円へ回復させ、2020年代の持続的成長を実現します。

PDF中期経営戦略(2018年10月発表)(PDF形式:2,250KB)
PDF「beyond宣言」の取組み状況(2017年度~2018年度)(PDF形式:478KB)

社長解説動画

中期戦略2020「beyond宣言」解説動画別ウインドウが開きます

社長の吉澤より、中期戦略2020「beyond宣言」について解説いたします。

別ウインドウが開きます中期戦略2020「beyond宣言」解説動画

コンセプトムービー「THE 9D PROJECT」

THE 9D PROJECT別ウインドウが開きます

宣言2 スタイル革新宣言の取組み、「empower+d Challenge」でめざす世界観について、イメージ映像でご紹介いたします。

別ウインドウが開きますTHE 9D PROJECT


  • Get Adobe Acrobat Reader

    PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されている
    別ウインドウが開きますAdobe® Reader®プラグインが必要です。「Adobe® Acrobat®」でご覧になる場合は、バージョン10以降をご利用ください。

このページのトップへ