CSRに関する主な評価

ドコモのCSRの取組みに関する、社外からの評価についてご紹介しています。

CSRに関する主な評価

2017年版CSR企業ランキング総合4位の評価を獲得

「CSR企業ランキング2017年版(東洋経済新報社)」で総合4位の評価を獲得しました。
このランキングはCSRの取組みの充実度と財務内容から「信頼される会社」をみつけるランキングです。

DJSI Asia Pacificの構成銘柄として採用

DJSI Asia Pacificの構成銘柄として採用の画像

ダウジョーンズ社とロベコサム社が開発した企業の持続可能性を評価するインデックスである「Dow Jones Sustainability indices (DJSI)」のアジア・太平洋版である「DJSI Asia Pacific」の構成銘柄として採用されています。

MS-SRIの構成銘柄として採用

MS-SRIの構成銘柄として採用の画像

モーニングスター株式会社が国内上場企業の中から社会性に優れた企業と評価する150社を選定し、その株価を指数化した国内初の社会的責任投資株価指数であるMS-SRIの構成銘柄に採用されています。

FTSE4Good Indexの構成銘柄として採用

FTSE4Good Indexの構成銘柄として採用の画像

英国のフィナンシャル・タイムズ社とロンドン証券取引所の子会社であるFTSEが作成する、世界中の優良企業を選定した社会的責任投資指標であるFTSE4Good Indexの構成銘柄に採用されています。

oekom researchの企業格付けにおいて「Prime」の認定

oekom researchの企業格付けにおいて「Prime」の認定の画像

ドイツに拠点を置く独立系のCSR評価会社であるイーコム・リサーチ社(oekom research AG)による、環境的側面と社会的・文化的側面からの企業責任の格付け(Corporate Responsibility Rating)で、世界のTelecommunications業界26社中の業界リーダーの1社として、“Prime”の認定を受けています。

MSCI Global Sustainability Indexesの構成銘柄として採用

MSCI Global Sustainability Indexesの構成銘柄として採用の画像

米国のMSCI Inc.社が作成している、世界的に著名なSRI(Socially Responsible Investment: 社会的責任投資)インデックスである 「MSCI Global Sustainability Indexes」に組み入れられています。

  • 株式会社NTTドコモがMSCIインデックスに含まれること、および本ページにおけるMSCIのロゴ、商標、サービスマークまたはインデックス名の使用は、MSCIまたはその関連会社による株式会社NTTドコモへの後援、保証、販促には該当しません。MSCIの独占的所有権:MSCI、MSCIインデックス名およびロゴは、MSCIまたはその関連会社の商標もしくはサービスマークです。

ETHIBEL PIONEER、ETHIBEL EXCELLENCEに採用

ETHIBEL PIONEER、ETHIBEL EXCELLENCEに採用の画像

ベルギーに拠点を置く社会的責任投資の推進団体フォーラム・エティベルの「ETHIBEL PIONEER」ならびに「ETHIBEL EXCELLENCE」に採用されています。フォーラム・エティベル(www.forumethibel.org)による今回の採用は、「企業の社会的責任(CSR)」の観点から、業界のリーダーとしての資格を有する企業であることを実証するものです。

ETHIBEL PIONEER、ETHIBEL EXCELLENCEに採用の画像

さらに、ETHIBEL EXCELLENCEの組み入れ企業から構成されるエティベル・サステナビリティ・インデックス(ESI)にも採用されています。

STOXX Global ESG Leaders Indexの構成銘柄として採用

Member 2016/2017 STOXX ESG LEADERS INDICESの構成銘柄として採用の画像

スイスに拠点を置く世界有数のインデックス開発・提供会社でドイツ証券取引所の子会社であるSTOXXのSTOXX Global ESG Leaders Indexの構成銘柄に、組み入れられています。

このページのトップへ