CSR方針

CSRの原点

重要な社会インフラとなっているモバイルネットワーク。

ドコモは、日本のモバイルネットワークの礎を築き上げてきました。
どんな時も人と人、人とモノ、モノとモノを“つなぐ”ことが、ドコモの使命です。

そして、私たちはiモードやおサイフケータイなどお客さまに寄り添った、豊かなライフスタイルを提案し、具現化してきました。

今後は、パートナーのみなさまとともに、「+d」の取組みを進化させ、5Gによる“革新”を起こし、社会的課題の解決、社会・産業の発展に貢献していきます。

この“つなぐ”、そして“革新”のDNAは、社員一人ひとりに脈々と受け継がれており、それがドコモのCSRの根幹を成しています。

CSRの原点のイメージCSRの原点のイメージ

CSR方針

Engagement 社会とドコモ よりよい明日へEngagement 社会とドコモ よりよい明日へ

国や地域、世代を超えて、人々がよりあんしん・安全かつ快適で豊かに暮らすことができる社会。
それが、私たちドコモのめざす未来。よりよい明日に向け、より革新的に、より使命感をもち、ドコモは日々取組みます。

Innovative docomo

私たちは、全ての事業を通じ、新たな価値を創造します。

教育・学習、健康・医療、モビリティ、生産性向上、働き方改革、気候変動、+d社会価値の協創
ターゲット、「6つの価値創造領域」における社会的課題の解決。アクション、パートナーとの協創・ドコモのICTを活用したサービスの提供

Responsible docomo

私たちは、全ての企業活動を通じ、誠実な行動を徹底します。

労働慣行、公正な事業慣行、組織統治、人権、コミュニティ参画、消費者課題、環境、信頼されるネットワーク、社会的責任の遂行
ターゲット、お客様に信頼される企業の確立。アクション、「7つの中核主題」に即した事業活動の推進
Innovative+ Responsible=SustainableInnovative+ Responsible=Sustainable

よりよい明日へ、ドコモのアクション

Innovative docomoの取組み事例

社会課題の解決、社会・産業の発展に貢献するのが、テクノロジーの進展です。
AI、IoT、AR/VR、ロボット、自動運転、ドローンなどの先端技術がブレイクスルーを迎えようとしていますが、これらを浸透させるためには、モバイルICTが不可欠です。
今後も、事業を通じて社会に貢献する範囲を、さらに広げていきたいと考えています。

Responsible docomoの取組み事例

私たちは社会インフラを担う企業として、公正・透明な経営を実践するとともに、事業から生じる社会への悪影響や不安を払しょくし、お客様に信頼される企業体質を確立します。

消費者課題・コミュニティ参画

写真:スマホ・ケータイ安全教室の様子
写真:避難所支援における相互連携の様子

環境

写真:「ドコモの森」の植林活動の様子
写真:リサイクルされる携帯電話

人権・労働慣行

写真:社員研修の様子
写真:TV会議の様子
このページのトップへ