CSR中期計画

CSR中期計画は、CSR方針でめざす「あんしん・安全かつ快適で豊かに暮らせる社会」の実現に向けた、2020年目標です。

重点課題の特定

はじめに、目標設定にあたり、重要課題の特定を行っています。
GRIなどのガイドライン、DJSIなどESG(環境・社会・ガバナンス)に関する外部評価、ならびにSDGsなどの新たな社会からの要請事項を考慮して、30のCSR課題項目を特定しました。
この30のCSR課題について、「ステークホルダーにとっての優先度」と「NTTドコモグループにとっての優先度」の2軸で優先順位付けを実施し、優先度が高いものを「8つの重点課題」として特定しました。

重点課題の特定のグラフ:「ステークホルダーにとっての優先度」と「NTTドコモグループにとっての優先度」の2軸での優先順位付けと「8つの重点課題(1)ICTによる社会・環境への貢献。(2)情報セキュリティ対策。(3)コーポレートガバナンスの強化。(4)通信サービスの安定性と信頼性の確保。(5)お客さま満足の向上と青少年の保護。(6)安全・健康・福祉の推進。(7)人権と多様性の尊重。(8)気候変動への対応と資源の有効利用。」重点課題の特定のグラフ:「ステークホルダーにとっての優先度」と「NTTドコモグループにとっての優先度」の2軸での優先順位付けと「8つの重点課題(1)ICTによる社会・環境への貢献。(2)情報セキュリティ対策。(3)コーポレートガバナンスの強化。(4)通信サービスの安定性と信頼性の確保。(5)お客さま満足の向上と青少年の保護。(6)安全・健康・福祉の推進。(7)人権と多様性の尊重。(8)気候変動への対応と資源の有効利用。」

PDFPDF版:「8つの重点課題」画像(PDF形式:688KB)

8つの重点課題

  1. ICTによる社会・環境への貢献
  2. 情報セキュリティ対策
  3. コーポレートガバナンスの強化
  4. 通信サービスの安定性と信頼性の確保
  5. お客さま満足の向上と青少年の保護
  6. 安全・健康・福祉の推進
  7. 人権と多様性の尊重
  8. 気候変動への対応と資源の有効利用

目標とKPI

「8つの重点課題」の目標、KPI、取組み、関連するCSR方針、関連するSDGsは次の通りです。

重点課題(1) ICTによる社会・環境への貢献

中期目標

社会課題の解決に貢献するICTサービスを提供する。

KPI

A:ICTサービスによる社会課題解決事例の把握。

取組み

パートナーとの協創による教育、健康、働き方などの社会課題を解決するサービス・ソリューションの開発、提供。

関連するCSR方針

教育・学習、健康・医療、モビリティ、生産性向上、働き方改革、気候変動教育・学習、健康・医療、モビリティ、生産性向上、働き方改革、気候変動

関連するSDGs

ロゴ:1、貧困をなくそう。2、飢餓をゼロに。4、質の高い教育をみんなに。9、産業と技術改革の基盤をつくろう。13、気候変動に具体的な対策を。ロゴ:1、貧困をなくそう。2、飢餓をゼロに。4、質の高い教育をみんなに。9、産業と技術改革の基盤をつくろう。13、気候変動に具体的な対策を。

重点課題(2) 情報セキュリティ対策

中期目標

高度化・深刻化するセキュリティ脅威に対応し、お客さまの情報資産を保護する。

KPI

A:情報セキュリティ事故件数 0件
B:年1回以上、全社員への情報セキュリティ研修の実施
C:業務委託先の情報セキュリティ管理事例の把握

取組み

  1. 情報セキュリティ人材の育成
  2. 社員の情報セキュリティ意識の向上
  3. サプライチェーンマネジメント強化

関連するCSR方針

消費者課題、公正な事業慣行消費者課題、公正な事業慣行

関連するSDGs

関連するSDGsはございません。

重点課題(3) コーポレートガバナンスの強化

中期目標

社会に信頼される企業体質を確立する。

KPI

A:ステークホルダ・ダイアログを前年回数以上実施
B:独立社外取締役を2名以上確保
C:コンプライアンス遵守に関する研修受講率の把握
D:コンプライアンス違反件数の把握

取組み

  1. ステークホルダーとの建設的な対話の実施
  2. ボードメンバーの多様性確保
  3. コンプライアンス遵守の定着化

関連するCSR方針

組織統治、公正な事業慣行組織統治、公正な事業慣行

関連するSDGs

関連するSDGsはございません。

重点課題(4) 通信サービスの安定性と信頼性の確保

中期目標

通信サービスを安定的に提供し、災害時などにおいても迅速な復旧を行う。

KPI

A:安定サービス提供率 100%
B:重大事故発生件数 0件
C:LTE人口カバー率を前年以上に拡大
D:大ゾーン基地局県庁所在地カバー率 100%

取組み

  1. 信頼されるネットワークの構築・維持管理
  2. 迅速な災害対策

関連するCSR方針

消費者課題消費者課題

関連するSDGs

ロゴ:1、貧困をなくそう。9、産業と技術改革の基盤をつくろう。ロゴ:1、貧困をなくそう。9、産業と技術改革の基盤をつくろう。

重点課題(5) お客さま満足の向上と青少年の保護

中期目標

お客さま満足度の向上を図るとともに、青少年をスマホ・ケータイに関わるトラブルから保護する。

KPI

A:お客さま満足度、お客さま応対品質調査の実績把握
B:スマホ・ケータイ安全教室受講者数 1年あたり130万人

取組み

  1. お客さまの声の収集、 関連部へのフィードバック、改善策の検討・実行
  2. 青少年保護サービスの充実
  3. 青少年への啓発活動の更なる推進

関連するCSR方針

消費者課題、コミュニティ参画消費者課題、コミュニティ参画

関連するSDGs

16、平和と公正をすべての人に。16、平和と公正をすべての人に。

重点課題(6) 安全・健康・福祉の推進

中期目標

社員の安全・健康を促進し、活力のある事業運営を行う。

KPI

A:社員満足度を前年以上に向上
B:年間総労働時間 1,800時間台
C:工事中の人身事故件数 0件
D:特定保健指導完了率 60%
E:ストレスチェック受検率 95%

取組み

  1. 社員モチベーションの維持・向上
  2. 社員の安全と健康を促進する施策の展開

関連するCSR方針

労働慣行労働慣行

関連するSDGs

ロゴ:3、すべての人に健康と福祉を。8、働きがいも経済成長も。ロゴ:3、すべての人に健康と福祉を。8、働きがいも経済成長も。

重点課題(7) 人権と多様性の尊重

中期目標

あらゆる事業活動において、全てのステークホルダーの人権を尊重する。

KPI

A:女性管理職比率 7.5%
B:障がい者雇用率 2.0%
C:人権に関する違反件数の把握
D:人権に関する研修受講率の把握

取組み

  1. ダイバーシティの推進
  2. 人権意識の定着化
  3. サプライチェーンマネジメント強化

関連するCSR方針

人権、公正な事業慣行人権、公正な事業慣行

関連するSDGs

ロゴ:5、ジェンダー平等を実現しよう。10、人や国の不平等をなくそう。ロゴ:5、ジェンダー平等を実現しよう。10、人や国の不平等をなくそう。

重点課題(8) 気候変動への対応と資源の有効利用

中期目標

Green Action Plan 2030を着実に実行し、環境経営の最先端をめざす。

KPI

A:CO2排出量削減貢献量 3,800万t
B:通信事業の電力効率 7倍
C:廃棄物の最終処分率 1.4%以下
D:使用済携帯電話(ケータイ)回収台数 1,600万台(2016〜2020年度累計)

取組み

  1. CO2排出削減に寄与するサービス・技術の開発、提供
  2. 電力効率のよい基地局やNW設備の開発と導入
  3. 廃棄物の最終処分率を抑え資源を有効利用
  4. サプライチェーンマネジメント強化

関連するCSR方針

環境環境

関連するSDGs

ロゴ:7、エネルギーをみんなに。12、つくる責任・つかう責任。13、気候変動に具体的な対策を。ロゴ:7、エネルギーをみんなに。12、つくる責任・つかう責任。13、気候変動に具体的な対策を。

全重点課題共通(お客さま・地域社会に向けて)

中期目標

ドコモがCSRに熱心に取組む企業であると想起される存在になる。

KPI

A:国内のCSR関連企業ランキング上位獲得維持
B:国内のESG関連銘柄への採用
C:社会貢献費用 利益の1%
D:ボランティア参加人数 前年以上

取組み

  1. 「ForONEs」によるプロモーション継続
  2. 幹部による情報発信機会の増加
  3. 災害復興支援などの社会貢献活動の継続・推進

関連するCSR方針

Innovative docomo + Responsible docomoInnovative docomo + Responsible docomo

関連するSDGs

関連するSDGsはございません。

全重点課題共通(株主・投資家に向けて)

中期目標

ESG投資の拡大に対応し、国内外の投資家などから高い評価を得る。

KPI

A:主要なESG投資インデックスへの採用

取組み

  1. ESG課題の明確化、改善
  2. ESGに関する投資家説明会の開催などによる情報発信強化
  3. 統合報告書、サステナビリティレポートの内容充実

関連するCSR方針

Innovative docomo + Responsible docomoInnovative docomo + Responsible docomo

関連するSDGs

関連するSDGsはございません。

ロードマップ

2020年目標のCSR中期計画の先を見据えたロードマップをこのように考え、取組みを進めていきます。

2020年のCSR中期目標、KPIの達成にむけて「Innovative docomo」と「Responsible docomo」を含む8つの重点課題に取組んでいきます。そして2020年以降も、新たな重点課題への取組みを進め、国連持続可能な開発目標へ貢献していきます。それらを通じて、社会的インパクトを拡大し、未来へあらゆる想いをつなぎ、今までにない挑戦を続け、お客さまの期待を超える驚きと感動の提供と、ビジネスパートナーの皆様との新しい価値の協創により、5Gで豊かな未来の実現をめざす「beyond宣言」を実行します。2020年のCSR中期目標、KPIの達成にむけて「Innovative docomo」と「Responsible docomo」を含む8つの重点課題に取組んでいきます。そして2020年以降も、新たな重点課題への取組みを進め、国連持続可能な開発目標へ貢献していきます。それらを通じて、社会的インパクトを拡大し、未来へあらゆる想いをつなぎ、今までにない挑戦を続け、お客さまの期待を超える驚きと感動の提供と、ビジネスパートナーの皆様との新しい価値の協創により、5Gで豊かな未来の実現をめざす「beyond宣言」を実行します。

PDFPDF版:「ロードマップ」画像(PDF形式:192KB)

【参考】国連持続可能な開発目標(SDGs)

国連持続可能な開発目標(SDGs)のロゴ全体:SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS「世界を変えるための17の目標」。1、貧困をなくそう。2、飢餓をゼロに。3、すべての人に健康と福祉を。4、質の高い教育をみんなに。5、ジェンダー平等を実現しよう。6、安全な水とトイレを世界中に。7、エネルギーをみんなに。8、働きがいも経済成長も。9、産業と技術改革の基盤をつくろう。10、人や国の不平等をなくそう。11、住み続けられるまちづくりを。12、つくる責任・つかう責任。13、気候変動に具体的な対策を。14、海の豊かさを守ろう。15、陸の豊かさも守ろう。16、平和と公正をすべての人に。17、パートナーシップで目標を達成しよう。SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS、2030年に向けて世界が合意した「持続可能な開発目標」です。国連持続可能な開発目標(SDGs)のロゴ全体:SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS「世界を変えるための17の目標」。1、貧困をなくそう。2、飢餓をゼロに。3、すべての人に健康と福祉を。4、質の高い教育をみんなに。5、ジェンダー平等を実現しよう。6、安全な水とトイレを世界中に。7、エネルギーをみんなに。8、働きがいも経済成長も。9、産業と技術改革の基盤をつくろう。10、人や国の不平等をなくそう。11、住み続けられるまちづくりを。12、つくる責任・つかう責任。13、気候変動に具体的な対策を。14、海の豊かさを守ろう。15、陸の豊かさも守ろう。16、平和と公正をすべての人に。17、パートナーシップで目標を達成しよう。SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS、2030年に向けて世界が合意した「持続可能な開発目標」です。

別ウインドウが開きます国連持続可能な開発目標(SDGs)

  • Get Adobe Acrobat Reader

    PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されている
    別ウインドウが開きますAdobe® Reader®プラグインが必要です。「Adobe® Acrobat®」でご覧になる場合は、バージョン10以降をご利用ください。

このページのトップへ