グリーン5G

速い、しかも地球にやさしい。
ドコモの5Gはカーボンニュートラルへ!

カーボンニュートラル。
それは、地球温暖化の原因とされる温室効果ガスの排出量と吸収量をプラスマイナス0の状態にすること。

とても大切な社会課題だからこそ、
私たちドコモは、5Gをカーボンニュートラルにしていきます。

ドコモの5Gは、高速・大容量に加えて、
地球環境にやさしい再生可能エネルギー100%1の電力で
お客さまへお届けします。

“グリーン5G”で、お客さまとともに、よりよい未来へ。


グリーン5Gとは?

スマートフォン・携帯電話を利用する際の電力というと、携帯端末本体の充電をイメージする方が多いかもしれません。
実は、モバイルネットワーク通信は基地局や交換局を稼働させるために多くの電力を消費し、温室効果ガスを排出しています。

ドコモは、モバイルネットワーク通信の消費する電力をグリーンにします。スマートフォン・携帯電話を充電する電力は含まれておりません。 ドコモは、通信事業者の責任として、5Gを再生可能エネルギー100%1の電力で提供していきます。
太陽光発電を利用したグリーン基地局や、ドコモ専用に設置した太陽光発電所等で発電した再生可能エネルギー(コーポレートPPA2)等を利用することにより、温室効果ガスを削減していきます。
ドコモの総電力消費量に占める実質再生可能エネルギーの比率が、ドコモの総契約数に占める5G契約数の比率よりも上回ることで、温室効果ガスの排出をしない環境に配慮した5Gにします。

5Gのネットワークはこれまでどおり、高速・大容量の通信を提供します(グリーン5Gはすべての5G料金プランが対象です)。
お客さまに便利で環境にやさしいグリーン5Gを通じ、お客さまとともにカーボンニュートラルに向けて、取組んでいきます。

  1. 再生可能エネルギー指定の非化石証書なども含めて、電力を実質的に再生可能エネルギー100%にします。
  2. PPAは、Power Purchase Agreement(電力購入契約)の略で、需要家(ドコモ)が発電事業者から再生可能エネルギーの電力を長期に購入する契約です。
このページのトップへ