スマホ・ケータイ安全教室

スマートフォンや携帯電話の利用に関連した危険やトラブルを未然に防ぐために、対応方法を啓発する「スマホ・ケータイ安全教室」を全国に無料で実施しております。
2004年7月よりスタートし、16年間で約86,500回、約1,349万人(2020年3月末現在)の方に受講いただいております。2019年度は約7,600回、約137万人の方が受講されました。

公益財団法人 消費者教育支援センター主催 消費者教育教材資料表彰2018 優秀賞

消費者教育教材資料表彰2018にて、「映像教材(再現ドラマ)」が優秀賞を受賞しました。

別ウインドウが開きます優秀賞受賞教材一覧(公益財団法人 消費者教育支援センターHP)

Official Programme TOKYO 2020
写真:入門編教材を使用したスマホ・ケータイ安全教室の様子
写真:応用編教材を使用したスマホ・ケータイ安全教室の様子

当社は健全なインターネット社会実現のために、普及・啓発に取組む「別ウインドウが開きます安心ネットづくり促進協議会」に参加しています。

安心ネットづくり促進協議会別ウインドウが開きます

スマホ・ケータイ安全教室のご案内

スマホ・ケータイ安全教室のイメージ画像

スマートフォンの普及拡大や、それに伴う新たなサービスに起因するトラブルの増加などの社会問題に対処する内容になっています。
『入門編』『応用編』『保護者・教員編』『特別支援学校編』と対象に合わせた教室を実施しております。

  • 時期に合わせて、クールビズ/ウォームビズスタイルで訪問させていただきます。
  • 現在、新型コロナウイルス感染防止対策実施のため、お申込み後のご連絡までに2週間以上お時間を頂戴する場合がございます。また、担当するインストラクターは、開催会場に向かう際、都道府県をまたいで移動する場合があります。
    新型コロナウイルス感染防止対策に関する詳細につきましては、「新型コロナウイルス感染予防対策への取組みについて」をご確認ください。

教材ダウンロード

講習会で使用するスライド教材、映像教材、要点をまとめたポイントブックのデータを掲載しています。
監修:坂元 章(お茶の水女子大学教授)
制作アドバイス:高橋 大洋(ピットクルー株式会社)

入門編教材ダウンロード

画像:入門編教材の表紙

主に小学生を対象に、自分にも起こり得る身近なトラブルやルール・マナーなどについて説明します。

入門編教材ダウンロード

応用編教材ダウンロード

画像:応用編教材の表紙

主に中高生を対象に、スマホ中心に、トラブルを未然に防ぐための知識や心がまえについて説明します。

応用編教材ダウンロード

保護者・教員編教材ダウンロード

画像:保護者・教員編教材の表紙

保護者や教員の方々を対象に、子どもたちを守る術や注意点について説明します。

保護者・教員編教材ダウンロード

特別支援学校編教材ダウンロード

画像:特別支援学校編教材の表紙

入門編、応用編教材をベースに特別支援学校向けの教材をご用意しております。

特別支援学校編教材ダウンロード

映像教材(再現ドラマ)

安全教室の中で使用する再現ドラマはこちらから確認できます。

映像教材(再現ドラマ)

海外でのスマホ・ケータイ安全教室

写真:シラチャ日本人学校で開催されたスマホ・ケータイ安全教室の様子

シラチャ日本人学校(タイ)において、児童・生徒を対象に、「スマホ・ケータイ安全教室」を開催しました。
日本におけるスマートフォン・携帯電話やインターネット事情を紹介し、スマートフォンや携帯電話を安全に使うためのルールやマナー、トラブル防止策などを細かく学んでいただきました。受講者からは「インターネットは使い方によっては危険な目に合うことがあることを学んだ」「将来スマホを持つようになっても、被害者や加害者にならないようにしたい」「映像もリアルで頭に強く残りました」などの声がありました。
今後も国内外の子どもたちの安全のために、スマホ・ケータイ安全教室の開催に積極的に取組んでいきます。

このページのトップへ