ドコモとSDGs

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS 世界を変えるための17の目標SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS 世界を変えるための17の目標
1、貧困をなくそう。2、飢餓をゼロに。3、すべての人に健康と福祉を。4、質の高い教育をみんなに。5、ジェンダー平等を実現しよう。6、安全な水とトイレを世界中に。7、エネルギーをみんなに そしてクリーンに。8、働きがいも経済成長も。9、産業と技術革新の基盤をつくろう。10、人や国の不平等をなくそう。11、住み続けられるまちづくりを。12、つくる責任・つかう責任。13、気候変動に具体的な対策を。14、海の豊かさを守ろう。15、陸の豊かさも守ろう。16、平和と公正をすべての人に。17、パートナーシップで目標を達成しよう。SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS、2030年に向けて世界が合意した「持続可能な開発目標」です。1、貧困をなくそう。2、飢餓をゼロに。3、すべての人に健康と福祉を。4、質の高い教育をみんなに。5、ジェンダー平等を実現しよう。6、安全な水とトイレを世界中に。7、エネルギーをみんなに そしてクリーンに。8、働きがいも経済成長も。9、産業と技術革新の基盤をつくろう。10、人や国の不平等をなくそう。11、住み続けられるまちづくりを。12、つくる責任・つかう責任。13、気候変動に具体的な対策を。14、海の豊かさを守ろう。15、陸の豊かさも守ろう。16、平和と公正をすべての人に。17、パートナーシップで目標を達成しよう。SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS、2030年に向けて世界が合意した「持続可能な開発目標」です。

持続可能な開発目標SDGs(Sustainable Development Goals)は、2015年に国連総会で採択された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な社会の実現をめざし、17の目標と169のターゲットを掲げています。

17の目標の詳細

持続可能な開発目標(SDGs)は、以下の17の目標とその目標を達成するための169のターゲットから成り立っています。

別ウインドウが開きます17の目標の詳細

ドコモとSDGsへの取組み

ドコモは、CSR方針で「国や地域、世代を超えて、人々がよりあんしん・安全かつ快適で豊かに暮らすことができる社会」をめざしており、これはSDGsの目的と同じです。
また、2017年4月に発表した中期戦略2020「beyond宣言」は、2020年のさらにその先を見据え、さまざまなパートナーのみなさまと手を取り合い、ドコモの強みを足し合わせることで、「新しい価値」をお客さま、世の中に提供することをめざしています。
ドコモは事業活動を通じて、SDGsの達成に向け貢献していきます。

CSR重点課題とSDGsとの関連性

ドコモは、マテリアリティ策定によるプロセスで抽出した8つのCSR重点課題を、SDGsと関連づけています。

SDGsへの貢献領域のグラフ。8つのCSR重点課題。(1)ICTによる社会・環境への貢献。(2)情報セキュリティ対策。(3)コーポレート・ガバナンスの強化。(4)通信サービスの安定性と信頼性の確保。(5)お客さま満足の向上と青少年の保護。(6)安全・健康・福祉の推進。(7)人権と多様性の尊重。(8)気候変動への対応と資源の有効利用。SDGsへの貢献領域のグラフ。8つのCSR重点課題。(1)ICTによる社会・環境への貢献。(2)情報セキュリティ対策。(3)コーポレート・ガバナンスの強化。(4)通信サービスの安定性と信頼性の確保。(5)お客さま満足の向上と青少年の保護。(6)安全・健康・福祉の推進。(7)人権と多様性の尊重。(8)気候変動への対応と資源の有効利用。
このページのトップへ