ログイン

ログアウト

一部情報が取得できませんでした。詳細はお客様情報表示についてをご確認ください。

My docomo利用規約に未同意でした。利用規約をご確認ください。

ユニバーサルサービス制度とは

ユニバーサルサービス制度とは、「加入電話」「公衆電話」「緊急通報(110番、118番、119番)」(=ユニバーサルサービス注意1)を、電気通信事業法第110条によりNTT東日本・NTT西日本も含めた他の固定電話、携帯電話、PHS、IP電話などの通信事業者全体で応分に費用を出し合う仕組みです。
NTT東日本・NTT西日本に対して補てんする金額注意2をもとに、1電話番号あたりの支払い額(番号単価)を一般社団法人電気通信事業者協会注意3が決定します。

この番号単価に基づいて2007年1月以降、お客様がご利用になる電話番号の数に応じた費用が、各通信事業者からユニバーサルサービス支援機関である一般社団法人電気通信事業者協会を通じて、NTT東日本・NTT西日本に支払われます。

  • 注意1 ユニバーサルサービスとは、電気通信事業法第7条により、「あまねく日本全国で提供が確保されるべき」と規定されているサービスです。加入電話の基本料や、社会生活上の安全および戸外での最低限の通信手段を確保する観点から設置されている第一種公衆電話、さらに特例料金となる離島通話および110番・118番・119番の緊急通報がこれに該当します。なお、2011年4月の改正により、加入電話に相当する光IP電話が新たにユニバーサルサービスの対象として追加されました。
  • 注意2 補てん額は、離島・山間地などの高コスト地域における加入電話基本料のコストの一部や、第一種公衆電話における赤字などを対象に算定されます。
  • 注意3 一般社団法人電気通信事業者協会は、ユニバーサルサービス支援機関として、総務大臣による指定を受けています。
    制度についての詳しい情報の問い合わせ先
    一般社団法人電気通信事業者協会
    ホームページ (別ウインドウが開きます)http://www.tca.or.jp/universalservice/
    電話番号 0570−02−1267(受付時間:午前9時〜午後5時(土曜・日曜・祝休日・年末年始を除く))

ユニバーサルサービス制度導入の経緯

携帯電話やIP電話の普及および電話サービスの競争進展などに伴い通話料金などが大幅に安くなりましたが、一方では、ユニバーサルサービスの確保に必要な費用が不足することとなりました。

このままでは、NTT東日本・NTT西日本だけでユニバーサルサービスを維持できなくなるため、主要な通信事業者全体で支えていくことになりました。

ユニバーサルサービス制度が導入されると

従来はユニバーサルサービス提供事業者であるNTT東日本・NTT西日本が、サービスの提供に必要な費用を負担していました。新しい制度では、NTT東日本・NTT西日本も含め他の固定電話、携帯電話、PHS、IP電話などのNTTドコモも含めた通信事業者全体で応分に費用を出し合います。

お客様ご負担額

NTTドコモでは、ユニバーサルサービス制度の趣旨に照らし、お客様のご利用になる電話番号数に応じて「ユニバーサルサービス料」を毎月ご負担いただきますので、お客様のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

ユニバーサルサービス料の請求方法

  • 1ご利用になる電話番号数に応じてユニバーサルサービス料を請求させていただきます。
    • 携帯電話音声系料金プラン・データ系料金プラン、衛星携帯、衛星船舶、衛星パケットなどの電話番号を利用したサービスが対象となります。
    • 2in1、マルチナンバーのお客様はご利用の電話番号数分を請求させていただきます。
  • 2請求書の請求内容など詳細の欄に「ユニバーサルサービス料」として、1電話番号当たりのご請求額を記載します。また、1か月に満たないご利用の場合には日割料金をご負担いただきます。
  • 31電話番号当たりのユニバーサルサービス料は、月額3円です(2014年2月現在)。

注意表記の金額は特に記載のある場合を除きすべて税抜です。

このページのトップへ