English

社長からのメッセージ

弊社社長より株主・投資家のみなさまへのメッセージです。

株主・投資家のみなさまへ

代表取締役社長 吉澤 和弘の写真

新年のご挨拶

新年、明けましておめでとうございます。
2020年の年頭に当たり、ご挨拶を申し上げます。

2019年の振り返り

昨年2019年は、「更なる成長に向けた"変革"を実行する年」として、外部環境の大きな変化に対応するべく様々な取組みを実行しました。
6月には、競争環境の変化に先んじて新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」や「スマホおかえしプログラム」を導入しました。さらに消費増税を機とした社会のキャッシュレス化に合わせて「dカード」「d払い」の拡大にも力を入れました。9月には5Gプレサービスを開始し、ラグビーワールドカップ2019™日本大会の盛り上がりに貢献するとともに、今年春の商用開始を前に実質的な5Gのスタートを切りました。

また、昨年も各地で水害などの自然災害が発生し、ネットワークやドコモショップにも大きな被害がありましたが、復旧に向けて全力で取組みました。
株主還元については、配当予想を10円増の年間120円とするとともに、3,000億円を上限とする自己株式取得枠を設定し取得についても順調に進捗しております。
尚、ドコモは国内外の著名なESG指数に継続選定されました。女性活躍という面でも高評価をいただき、なでしこ銘柄に選定され、えるぼし認定でも最高評価をいただいております。
2019年度の業績については、顧客基盤強化に向けた積極的なお客さま還元などにより減収減益を見込んでおりますが、年間業績予想に対しては順調に進捗しています。

2020年の位置づけ

さて、いよいよ2020年が始まりました。「2020年代」という新たな時代の幕開けでもあり、夏には東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会が開催される記念すべき年であります。ドコモにとっては「5G商用サービススタート」という大きな節目の年であると同時に、中期的な利益回復に向けたチャレンジの年になります。
私は、この2020年を「新時代の成長に向けたスタートの年」として位置付けています。まさに、新時代の持続的成長を確かなものとするスタートの年として、大きく2つの方向性で各種施策を確実に実行していきます。すなわち、(1)「顧客基盤のさらなる強化」、(2)「将来の成長に向けた取組み」、の2つです。

1つ目、「顧客基盤のさらなる強化」について。

魅力あるサービスとの連携などで「ギガホ」「ギガライト」をさらに磨き上げるとともに、デジタルマーケティングを活用したお客さま接点の進化により、提供価値の向上を図ります。
3Gフィーチャーフォンをご利用いただいているお客さまには、ドコモスマホ教室や初期設定サポートなどを通じて、生活をより便利で快適にするスマートフォンを安心してご利用いただけるようサポートしていきます。
また、dポイントやdカード、d払いなどと組み合わせて、会員のみなさまがより「おトク・便利」に、そして「継続的」にドコモのサービスをご利用いただけるよう環境を構築していきます。

2つ目、「将来の成長に向けた取組み」について。

春に商用サービスを開始する5Gでは、個人のお客さま向けには映像系を中心としたサービスを、法人のお客さまには事業や社会の課題解決につながるソリューションを、それぞれ優れたアセットを持つパートナーとの「協創」で提供していきます。
また、マーケティングソリューションの分野では、昨年発表した「NTTドコモ パーソナルデータ憲章」に基づき、プライバシーを大切にしたデータ活用により、マーケティング支援やパートナーとの共同ビジネスを推進していきます。

さて、東京2020オリンピック聖火リレーのスタートまで約80日、東京2020オリンピックの開会式まで約200日となりました(1月1日時点)。この世界的なビッグイベントに際して、「あんしん安全で快適な通信サービスを提供する」という通信事業者の使命をしっかり果たし、大会運営に貢献していきます。

私は、ドコモグループを「お客様サービス向上」と「企業の持続的発展」の両面を実現できる「強い会社」、パートナーから様々なアイデアを取り入れ、イノベーションを生み出せる「オープンな会社」、社員一人ひとりが、生き生きと、そして成長を実感できる「楽しい会社」にしたいと言い続けています。新年にあたりあらためてこの決意を申し上げるとともに、全社一丸となって新時代の成長に向けた「いいスタート」を切るべく取組んでいきます。

株主・投資家のみなさまにおかれましては、より一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。2020年が、みなさまにとって、素晴らしい1年となりますよう祈念して年頭の挨拶といたします。

2020年1月

代表取締役社長 吉澤 和弘

吉澤 和弘
  • NTTドコモは、東京2020ゴールドパートナー(通信サービス)および、東京2020オリンピック聖火リレープレゼンティングパートナーです。
このページのトップへ