docomo 5G

ドコモが、2020年の提供開始をめざしている第5世代移動通信システム「5G」。
今より通信速度がさらに速くなり、一度により多くの人が通信でき、即時の応答が要求される機械同士の通信にも対応できるため、クラウドやIoT(Internet of Things)を使いこなすための移動通信を提供することができます。
「5G」により、今まで経験したことのない新しい世界を創出し、人々の暮らしがもっと便利で、快適になることをめざしています。

スポーツ観戦イメージ
スポーツ観戦イメージ

スポーツ観戦

会場内の多数の小型カメラを駆使し、自分がまるで選手になったかのようにさまざまな視点からの迫力ある映像を、全方位立体スクリーンで楽しむことができます。

自動運転イメージ
自動運転イメージ

自動運転

ドライバーの眠気などを、カメラやウェアラブル端末から車載AIロボットが検知します。また、車載のカメラやセンサー、歩行者のスマートフォンなど、あらゆるモノから集約した膨大なデータに基づき、危険を回避して走行させる完全自動運転が実現されます。

日常生活の支援イメージ
日常生活の支援イメージ

日常生活の支援

街中のスマートフォンやセンサーなど、あらゆるデバイスからの情報が収集・分析され、生活の手助けになる情報(例えば、交通情報や気象情報など)が適切なタイミングで受け取れます。
また、他国語での会話はデバイス間でリアルタイムに通訳され、スムーズにコミュニケーションができるようになるなど、パーソナルエージェントにより人々の生活に寄り添うサービスが実現されます。

5Gトライアルサイト

ドコモは、5Gを活用した商用サービス創出に向けて、5Gの特長を一般のお客さまにも体験いただける環境「5Gトライアルサイト」を2017年5月から開始しました。

1. 場所

東京臨海副都心地区(お台場・青海地区)および東京スカイツリータウン周辺等

2. 開始時期

2017年5月

3. サービスデモ

4Kマルチストリームライブ配信

地上350mの位置にある東京スカイツリー®の天望デッキ「フロア350」に設置した4Kネットワークカメラ6台の映像を、東京ソラマチ1階に設置した5G伝送装置に光ファイバーで送り、5G伝送装置から5Gの無線で伝送した4K動画を大型ディスプレイにリアルタイムで再生しました。

  • 5Gトライアルサイトに関するイベントの模様は、こちらで紹介しています。
  • 「東京スカイツリー」「東京スカイツリータウン」は,東武鉄道株式会社,東武タワースカイツリー株式会社の登録商標です。
このページのトップへ