VoLTE

VoLTEとは?

VoLTEイメージ

VoLTE(Voice over LTE)は、LTEネットワークを使って高音質で安定した通話サービスを提供する技術で、ドコモが国内で初めて提供を開始。また、音声通話に加え、ビデオコール(テレビ電話)や高速マルチアクセス、音声通話時のエリアメール受信などが全国の「Xi」エリアで利用できます。また、3Gと比較すると周波数効率が約3倍向上するため、電波リソースを有効活用することができます。VoLTEにより、LTEネットワークをより進化させることで、お客様の豊かなコミュニケーションを通して、スマートライフを実現していきます。

  • Xiエリア内におけるドコモのVoLTE対応端末同士で利用が可能です

3G音声とVoLTEの違い

VoLTEは、LTEの“パケット通信ネットワーク”を利用して音声サービスを提供する技術です。これまではLTE対応端末であっても、通話の際は3Gネットワークに切り替えて接続するCSフォールバック方式でしたが、VoLTE対応端末では、LTEの高速通信ネットワークに接続したまま音声通話を行うことが可能になります。

VoLTE対応端末と非対応端末の接続動作の違い

発着信ともにVoLTE対応端末の場合
発着信ともにVoLTE非対応端末の場合

3G音声とVoLTEの性能比較

3G音声とVoLTEの性能比較
要素 3G音声
(CSフォールバック)
VoLTE
高音質(音声周波数帯域) 300〜3,400Hz 50〜7,000Hz(高音域がよりクリア)
すぐつながる通話(接続時間)) 約6〜8秒 約2〜3秒(VoLTE発VoLTE着の場合)
高速マルチアクセス
(通話中のパケット通信速度)
最大384kbps 最大150Mbps
(パケットのみの通信速度と同程度)
音声通話時のエリアメール受信 非対応 対応
ビデオコール 非対応 対応

VoLTEの特長

【1】 高品質な音声通話
現行方式の通話と比較した場合、音声周波数帯域が50Hz 〜7kHzまでと広く、高音域をよりクリアに表現することができ、高音質な音声通話が可能となります。また、優先制御により音声パケットを優先的に通信するような仕組みを取っていることから、パケット混雑時でも従来の回線交換と変わらない接続品質を担保しています。

【2】 すぐにつながる音声通話
3Gネットワークへ切り替える必要がないため、現行方式の通話と比較した場合、発信から着信までの時間が従来のおよそ半分になります。

【3】 高速マルチアクセス
VoLTEによる音声通話と同時にインターネットなどのデータ通信を行う際、通常のLTEによる通信速度(受信時最大150Mbps)で快適に利用できます。

【4】 ビデオコール
FOMAのテレビ電話と比較した場合、より高精細(QVGA相当)で滑らかな映像によるビデオコールをクリアな音質で利用できます。

【5】 音声通話時のエリアメール受信
音声通話中でもエリアメールを受信することが可能となり、災害時にも安心です。

このページのトップへ