1. まえがき

「ドコモの5Gに向けた取組み —2020年での5Gサービス実現に向けて—」目次

今日、スマートフォンやタブレット端末の普及によって、いつでもどこでも気軽にインターネットを通じたサービスやアプリ、動画や音楽などが楽しめるようになったが、より高度なサービスへの需要はますます高まっている。また2010年以降、移動通信のトラフィック量は急激に増加してきており、通信事業者には、増加したトラフィックを収容しつつ、より一層高いユーザ品質でこれらのサービスをあらゆる環境で提供するモバイルブロードバンド(MBB:Mobile Broad Band)の実現が期待されている。さらに、あらゆるモノが無線でネットワークに接続する世界であるIoT(Internet of Things)※1が近年非常に注目されており、通信事業者にとって、IoTによって開拓される新領域のサービスを支えるインフラ(基盤)の提供は、今後ますます重要になってくるものと考えられる。

このような期待を背景に、第4世代(4G)であるLTEおよびLTE-Advancedの次世代となる第5世代の移動通信システム、すなわち「5G」の議論が近年非常に活発化しており、世界各地で5Gの推進団体や研究プロジェクトが誕生し、そのコンセプトや要求条件が盛んに議論されている。また、移動通信システムの標準化団体である3GPP(3rd Generation Partnership Project)では、2015年9月に「3GPP RAN Workshop on 5G」会合を開催し、これを皮切りに本格的な5Gの標準化議論が開始された。
ドコモでは、2010年頃から5Gの検討を開始し、技術コンセプトの提案や、伝送実験、標準化議論を主導するなど、さまざまな活動を進めている。本稿では、こういった取組みの概要として、5Gで想定されるサービスや要求条件、ドコモとしての5Gの定義や技術コンセプト、および、2020年のサービス実現に向けた標準化戦略や活動について解説する。

  1. IoT:さまざまな「モノ」がインターネットやクラウドに接続され、制御・情報通信される形態の総称。

2.1 5Gのサービスと要求条件〜5G時代のサービス

本記事は、テクニカル・ジャーナルVol.23 No.4に、掲載されています。

このページのトップへ